スーパースーパーカブC125 新色グレー発売で カラーバリエーションについて 思うこと

C125の追加カラー
ついに、発売が決定
その新色の色の名前は、
パールカデットグレー だそうで^^;
【HONDA SUPER CUB C125 2019】主要諸元■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm 110kg 3.7L シート高780mm ●予想価格:40万円前後 ●予想発売時期:’19年6月頃

先に、新型スーパーカブ110JA44に、追加バリエーション
スーパーカブ110 ストリート ボニーブルー

カウリングとレッグシールドが一体化したカラーと
各部のパーツがブラックアウト=黒に塗る^^;
お値段もお値打ちな28万前後

で、
最近、車にしても、
しぶ〜いが 流行っているようで、
情熱的な赤のメタリック
ソウルレッド・プレミアム・メタリック=キャンディーレッド
も、イイ(^^)のですが、


スバルXV クールグレーカーキ 
機能的で無垢な道具感を表現し都会にも自然にも溶け込むクールさを併せ持つ
XVの進化を象徴する先進性のある色 
ソリッドカラーの艶が生み出すリフレクションによりボディの持つ躍動感と塊感を際立たせる表現
だとか


スズキ スペースギア オフ ブルー
ホンダのNバンの
ガーデングリーン・メタリック
プレミアムイエロー

ダイハツ
セラミックグリーンメタリック
など、

パステルトーンの淡い色≒アースカラー
が よく道路上で目につく(p_-)

以前の日本人のお好みカラーとは、チョッと違う
ヨーロピアンなカラーチョイスかと

私的イメージとして、

色は、形や機能・内装・性能と同等か、それ以上に
大事なチョイス=選択肢

同じ規格の工業製品の場合、
選べるのは、色しか 選び ようがない

色のイメージは、
見る人のエモーション=気持ちをゆさぶる
そういった意味でも
じょ〜に 大事 かと
パッと見たときに目に入ってくるのは、形より色

選ぶ色によって、その人の 人となり=本性=キャラがすけてみえるようで(p_-)

大体の工業製品=車とか家電は、
○定番の 黒と白
○派手な色 赤・黄色など彩度の高い色
○無難なシルバー
○そして、+α
その製品のイメージカラー

基本は、5色 のバリエーションがあればOK

それに、
特色=限定色が増えると、
その工業製品は、ロングランが期待できる
ってな 感じ

それが、
新型Nバンの場合 はじめから10色のラインナップ(・∀・)

そんな意味で、
今回の新型スーパーカブとC125のカラーの追加は、
ホンダのスーパーカブの本気度が うかがわれる かと^^;


車に関しては、
世界的に2040年以降
あと、20年後には、内燃機関=エンジン が 終焉を迎え、
電気モーターに 移行することが、ほぼ決まりのようで、
スーパーカブも郵便カブを手始めに、
電動化を促進する もよう


すると、

この新型カブが 内燃機関のみを搭載する
最後のスーパーカブになるのでは、?
ひじょ〜に 寂しい(T_T)


これも、時代の流れか?
この流れには、逆らえません(T_T)

まっ、
それまでは、私的、内燃機関の最終カブ

最後まで使い倒したい 気分で ございます。

私的 Go to Heaven まで、
じゅ〜ぶん 持つでしょう・ω

追伸
メタリックや彩度の高い 派手な色は、
都会的・若い・情熱的・過激・目立つ・威嚇 
そういったキーワードが似合いそうですが、
ちなみに、バルブの時期は、サイケデリックな蛍光色が流行ったモンですか^^;


パステルトーン 白とグレーが混じっている色は、


やさしい・ナチュラル・エコー・アースカラー・しぶ〜い じみ〜 ってな
イメージ

これだけ長くデフレが続くと
全体的に 落ち着いた 足が地についた 
やわらかい色を 世間は、求めて いるのか・・・・・?
やっぱ、色って、その時代・社会の世相を反映するのね^^;

参考
一般社団法人 日本流行色協会
JAFCA ジャフカ
https://www.jafca.org/seminarandevent/aca-nominate2018.html

このブログの人気の投稿

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブの寿命は?

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる