スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 22, 2017の投稿を表示しています

バイクブログへ

新型カブの目がなんか変?

新型カブの丸目って なんだか、違う(゚∀゚)
ライトがLEDになったのは、いいと思うんだけど〜
(正面からの横一直線のラインが気になる^^;


ワニの目 
ネコの目
じゃなくって・ω・
そう!
ヤギ目 山羊の目 って ヤギ目

丸目じゃなくて ヤギ目 ってな感じ(゚∀゚) カブ伝統の丸目なんだけど ちょっと・・・・・・・・

単に、買えない自分のヒガミでしたm(_ _)m

カブでひとっ走り露天風呂とラーメン屋 

私の住む三重県津市は、海あり山あり温泉ありで、けっこう自然に恵まれた場所(カブには過ごしやすい環境)だと、

実は私、九州大分県別府市(温泉で有名かと)の出身(高校時代まで)
でもって、私もご多分にもれず、大の温泉好き(^^)
(実は、温泉好きになったのは、大学時代に東京に住み始め、銭湯通いしてからですが^^;
全部の家が温泉の風呂だと思っていましたので(゚∀゚)

なので、週に一回、最低でも月に2回は、近場の温泉へ愛車のカブ110JA07とひとっ走り行くのが恒例です。
隣接に、市営の図書館もあって、暇つぶしには最高^^;
私の住む家(津市)からスーパーカブで20分ほどの所にある 一志町ってところにある やすらぎの湯って温泉がホームグランドです。

そこで仕事の代休の平日、昼2時頃から5時頃まで(一番客が混んでいない時間帯)にサウナや露天風呂などにゆっくり浸かるのが、密かな楽しみなんです・ω・

そんでもって、そこでゆっくり汗を流し、その後にさらに お楽しみ

それが、ラーメンです。

サウナで汗をかいた後の塩分補給には、最高デス(゚∀゚)

まっ、庶民のささやかな楽しみってとこですね^^;

カブなら、気軽に行ける距離だし、ちょっとしたツーリング気分で、道草しても、新たな発見等できて 気分転換に最高です。

ガレージハウス風の骨董屋さんなど、覗いたり、

思わぬ出会いがあるのも、カブならでは じゃないかと。

カブが新聞の社説に載る!

昨日、10月25日の中日新聞の社説に掲載されていました(゚∀゚)
『カブはなぜ愛される』ってなタイトル
スーパーカブのことが広告以外で、新聞に載るって、スゴくないですか?
それも、社説\(^o^)/
さすが、1億台突破した国民的バイクならでは、(今の時期しかないのかも^^;

その記事のなかで、T型フォードフォルクスワーゲンのビートルに比肩(ひけん)するオートバイのレジェンドと紹介。

レジェンドって、伝説?
ついにスーパーカブも伝説化したのか〜(゚∀゚)

でもって、比肩(ひけん)の相手とは?
T型フォード(アメリカ代表)
私のイメージでは、フォードが始めて自家用車の量産に成功し、その生産ラインシステムのことをフォーディズム と言う てなことが有名かと
映画のワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ によく登場ていました。

次の相手、フォルクスワーゲン ビートル(ドイツ代表)といえば、
ポルシェ博士、ヒットラー、アウトバーン カブト虫ってイメージ

そんでもって、この記者は、もう一つ大事な相手を忘れています^^;
それは、オースティン ミニ(イギリス代表) です。
ミニといえば、やはり ミスター・ビーンですよね。

で、最後、レジェントとなった、世界のスーパーカブといえば、
この新聞によると、スーパーカブのカブとは、野獣の子供の意。その名の通り、やんちゃで不器用な声を上げながら、日々街角を、農村を駆け抜ける・・・って(´・ω・`)
まっ、とにかく世界で最も量産された単一シリーズの輸送機器 として承認されたようで、 そんな感じで新聞載るってことは、スーパーカブにとって、名誉であり、めでたいことはありますね^^;

スーパーカブ110JA07ホイールのアルミ化についての考察

カブのホイールって、スチールですよね。
これまた、今時 鉄って?

アルミに変えたくなる気持ちもわかります。
実際、我が愛車カブ110JA07も EXCEL(エキセル)のアルミホイールにしてますが^^;
1年ほど前に、スポーク交換とともに、徹底的にホイールバランスとフレ取りをやりました。

でも、なぜカブがスチール製のホイールにこだわるのか?

コスト削減? 耐久性? 乗り心地? 伝統?

だって、アルミだったら、錆びない、軽い、オシャレ?じゃないの(゚∀゚)

で もって イロイロとググって見ました。

●アルミ派? 鉄派? 
https://ameblo.jp/you71racing/entry-11017504875.html
●カブ用 アルミホイール&ステンレス・スポーク !
http://maccky55.exblog.jp/13770453/
●カブ ホイール交換
http://blog.livedoor.jp/erekiteru21/archives/50922210.html
●CT110 アルミリムにしてみたら・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/roadmap22/4496859.html
●CT110 久しぶりのプチメンテ
https://blogs.yahoo.co.jp/roadmap22/5563506.html
などなど、出て来るデテクル、イロイロな意見が^^;

でもって、私的結論

是非一度、社外ホイールに交換する事をお勧めします
オススメは、EXCEL 次は、DID 後は、チャレンジャー(´・ω・`)

なんでも、やってみて、感じてみないとわかりません^^;
気に入らなければノーマルに戻せばいいだけ。
でもって、残りは、ヤフオクに出す^^;
また、サーキット走行(カブカテゴリーのレース)を楽しまれる方は、絶対、軽量化の効果が分かるはずなので。

デメリットとして、
① 慣性が減少することにより路面追従が良くなり、乗り心地が悪くなる

通勤カブ必携のパンク修理剤

通勤カブで一番心配なのが、パンク
(バッテリー上がりは、カブなので、キックでOK)
でも、パンクだけは、イカンともしがたい。

そんな時、転ばぬ先の杖 ならぬ
パンク修理剤
常時、私の愛車カブ110JA07 のリアBOXに常備しております^^;
カレコレ、元愛車レガシーアウトバックのトランクケース以降、10年間使っていませんが、コレもお守りってことで、空気入れとともに温存しておりました^^;

しかし、そろそろ期限切れ(゚∀゚)じゃないかとアマゾンで物色

まっ、使わないことに こしたことはないのですが、保険として
ポッチリ

届いて、現物を見てちょっとビックリ
手のひらサイズで 本当にコンパクト
カブのリアBOXに入れても全然気になりません。
(もっと早く買えばよかった^^;

私の愛車スーパーカブ110JA07に履いているタイヤは、ミシュランM35 2.5-17 
元来ビートが厚く少々空気が抜けても走れる(多分5㌔ほど)言われ、パンクに強いタイヤのはずですが、
(運良く^^; 今まで25000㌔でパンクの経験は、無し)
備えあれば憂い無し ということで、
皆さんも、精神衛生上 お一ついかがでしょうか?^^;

台風21号で雨漏りやガレージがむちゃくちゃに

いや〜、すごかったですね。
台風21号

一応、前日台風の備えは、やったつもりだったのですが^^;

雨漏り(なんせ築35年)
今回の台風は、雨とともに風もすごかったので、瓦の隙間から雨水が巻き込んで天井の歪んだ低いところをたどって、ポタポタと

や ガレージの散乱、植木の鉢が割れる などの被害が
まっ、こんなもんで済んでよかったのですが、

私の住む三重県津市では、雲出川や岩田川の氾濫で、
iPhoneの警報アラートが鳴りまくりでした。

皆さんのところは、どうだったでしょうか?

カブ EV化でエンジンが消える?

NHKのビジネス特集で『EVでエンジンが消える? 苦悩する社長たち』てな、記事を読んで

私も、前回ブログで 電動カブ EV-CUB(イーブイ・カブ)と内燃機関の将来をアップしましたが、

エンジンやその周辺パーツを供給している大手メーカーの下請け会社は、その将来に対して、本当に切実なんだと実感した次第です。


その取材先の下請け会社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資家向けに発表したリポートによれば、
EVシフトが進むと受注が3割減少する可能性があり、先行きが厳しいメーカーの1つと名指しされたのです。
その下請けの社長は、もともとホンダのエンジニアで乗用車の開発をしてきたそうで、
大学生のころ、大ヒットしていた初代シビックに憧れホンダに就職。 アメリカの大型V8エンジンの音だけを録音したレコード鑑賞が楽しみだったというほどの“エンジン好き”でした。とのこと。
それが、今や世界的なEVの大きな潮流に流されようとしているのです。 (ヨーロッパでは、7月にイギリス・フランス政府が2040年を目標にガソリン車やディーゼル車の販売を禁止することを相次いで発表。予想を超えるEVシフトが加速している)
そして、その社長の決断とは、
『先に進んでみないとわかりませんが、来るときはパッとくる。最後は電気自動車になるんでしょう』と
もしかして、最近発表された、新型カブが最後の内燃機関搭載のモデルってことも(゚∀゚) もちろん、エンジンが完全には、なくならないとは、思いますが、
時計のムーブメント、書籍や雑誌の印刷原稿、写真、レコード(音声記録媒体)ベーターマックス? などなどのアナログ製品とともに、 主力の座を譲ることになるのでは?
うっ、う〜ん
やっぱり、時代の流れには、逆らえないってことか?(T_T)
もしかしたら、オプションで、ハーレーやマルチエンジンの音や振動が出るスピーカーが選べたりして(゚∀゚)

新型カブもなぜ、今時チューブタイヤ?

カブって、チューブタイヤですよね。
今度発売された新型カブもすべてチューブタイヤ(´・ω・`)

自動車でも、バイクでも、今は、チューブレスタイヤがほとんどの時代に
(わずか、ジープや大型重量級のトラックなどに一部使われているそうですが)
業務用なのに、パンクが心配では、?
なぜ、今時カブだけチューブタイヤなのでしょうか?
チューブタイヤのメリットって何?

それは、ホイールをスポークにするためじゃないかと。 カブのフレームだけでは、あの軽く、しなやかな乗り味は、不可能です。

スポークはサスペンションの役目も担っています。 カブのよわよわサスペンションの手助けもしているわけです。

で、そのスポークリムにはスポークを通す穴がスポークの数だけ開いていて 機密性がないですからチューブレスタイヤでは、当然空気が抜けて入れるとことが出来ません。
つまり、新型カブもスポークホイールを維持するため、チューブタイヤを選択せざるを得なかったのでは? カブにキャストホイールでは、カブのサスペンションや車体に負担がかかり、可哀そう(T_T)

それに、性能(乗り味、耐久性、重量)を落とすことにもなりかねません。

なので、今回発売された新型カブも カブのDNAである丸目ドラムブレーキとともに バランス良く淘汰された昔ながらのデザイン を引き継いでいるのではないでしょうか?

⚠今日は、台風21号が上陸中、前回の18号より凶暴(゚∀゚)なようで、 バイクや保管場所など、皆さんお気をつけてくださいね。
私の愛車カブ110も心配です^^;
コメントもよろしくお願いm(_ _)m

ご愛読ありがとうm(_ _)m

instagram今日の雲