スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 19, 2019の投稿を表示しています

バイクブログへ

キタコ クラッシクダウンマフラー取り付け スーパーカブ110JA07=カブLABO

さ〜お楽しみ
キタコクラッシクダウンマフラーの取り付けです

このパーツ ほぼ半年 寝かせている=ストック
去年のクリスマス(´・ω・`)

キタコ(KITACO) クラシックダウンマフラー スーパーカブ110 ステンレス 544-1429440
取り付けタクって・ω・ ムズムズしていた が

やっと その日が\(^o^)/

ノーマルの音


マフラー無しの音


キタコ クラッシクダウンマフラー装着音


装着は、簡単(約10分ほど)
なんせ、サイドスタンドとステップは、付いて いないので^^;

ポコポコという、パルス音が、癒やされる〜(*^^*)
まだ、エンジン全開とはいきませんので
チェーンの暴れ音=カチカチ音のほうが 大きいデスが^^;

スタイル的には、
この クラッシカルな色(クールグレーカーキ−=スバルXV純正色)
にマッチしている

いや〜 これは、
ますます、完成が 楽しみ〜\(^o^)/

追伸
このペースでは、
6月2日のカフェカブin京都には、・・・・・・・(*´ω`*)

今日は、私的妹の子供の結婚式に
広島まで新幹線で行ってきますデス

三重県から6時間^^;

ホンダのバイクとトヨタの新型スープラのデザインの考察

最近、トヨタの車のデザインが〜・・・・・・(*´ω`*)
👇 深海のダンゴムシ ダイオウグソクムシ
その真相は、
日本人好みではなく、
アメリカ市場やグローバルデザインの結果
との噂が あるが

新型プリウスから ベルファイアまで(*´ω`*) それにしても、・・・・・・・

新型スープラまでもが〜・・・・・・・(T_T)


で、
スーパーカブのホンダも
ホンダデザインの大転換
ってな、記事を読んでいると
60年代アメリカ市場で、成功したスーパーカブの
デザインテイストを

そのまま 大型バイクへ持ち込んだ結果

スポーツモデルCB450 が販売不振

その結果、ホンダは、一点ピンチに落ち込んだ

アメリカ人の嗜好に合致していなかった

やっぱり、大陸の方々って、
目立つ・押しの強い・わかりやすい デザインが お好みのようで

性能とデザイン性が伴っていなかった=アピールできなかった
てな結果に

で、
なぜ、
その不振から 脱出できたのか?

記事を読むと
70年代、
ホンダは、車の方に力を入れていて、
総帥である 本田宗一郎さんが 
バイクのデザインに口出ししなかった
から^^; 

だそうで、

と、
いうことは、?
今のトヨタのデザインは、
誰? ダレが? 口出しして、
あ〜(*´ω`*) なったのか?


とにかく、
私的トヨタファンではナイ ですが、

日本の代表する大企業
マツダ・日産・東芝・シャープ・武田薬品など、
どんどんガイジン=外資に駆逐されているなか、

ほぼ唯一純血を保っていた トヨタが・・・・・

追伸
車でも、バイクにしても デザインって、ひじょ〜に
大事 です。
そのモノの形は、創った人の思いが 形として現れたモノ

その形が・・・・・・・

それ・・・・・では〜(*´ω`*)

その創った人の思いが・・・・・・・


心配デス(T_T)

とっさんバイク=旧車の小型原付き2種って今、ねらい目カテゴリーかも

原付き2種125ccって、カテゴリーは、
私的若かりし頃(70年代)は、
原付き免許(50cc)から 中型 大型と ステップアップする上で、
スルー対象=眼中無しの扱いだった(*´ω`*)
いわゆる とっさんバイク(・∀・) だが、
現在私的に還暦=とっさん となった身としては、

このスルーカテゴリーの排気量125CCクラスって、
レアで貴重な存在となり、今となっては、
穴場のカテゴリーかも?
と、思い始めている今日この頃

と、もうしますの、

現在の道路事情でも、高速以外、充分に対応=楽しめるし、
フルスロットルでき、三桁オーバーも可能な走行性能

車体はスリムで軽量、小柄な日本人の体型に、無理なく扱える車体は、
バイクのパフォーマンスをフルに発揮できる=ブン回し、フリ回しが楽

レトロな いでたちは、とっさんにも違和感がない^^;

コンパクトでシンプルな車体は、自分でメンテナンスする人や
カスタムベースにもベストチョイスかと

日常的にバイクと接するにも、ひじょ〜に、便利で経済的
転倒による、精神的・肉体的・経済的な負担が少ない(´・ω・`)

複数台バイクを維持するにも、お安い^^;

スポークホイールやドラムブレーキが良く似合う旧車スタイル
キャブ仕様独特の吸気音

カスタムベースにするにしても、自由(なんでもアリ(^o^)

この時代の小型2輪は、セルがないのが多く、
キックスタートが基本

そのような ことが
逆に、今の若者には、新鮮に映るかも
ホンダなら「ベンリイ CD125T」
ヤマハだと「YB125」
スズキならば「K125」 2ストだった(・∀・) 70年代 
代表的なロードスポーツ車
ホンダ ベンリイ CB125JXなどは、

ホンダダイアモンド式フレームに搭載するSOHC単気筒エンジン
特殊アルミ合金の軽量ピストンや吸排気効率の良い大型ポートを採用
最高出力14ps/10000rpmを発揮

これだけの、パフォーマンスがあれば、
現代の幹線道路や、ワイディングロードでも、
キビキビ・ヒラヒラと走りそう\(^o^)/

私的には、ヤフオクなどで、常にウォッチリストに登録=注目しているのですが、
落札価格は、ピンキリ^^;

ゆくゆくは・・・・・・・・(p_-) と
今は、カブで手一杯デス^^;

追伸
今年7月 待望されてきたオートマ原付2種免許の取得容易化(最短2日)
にともない、

若者の間に…

通勤カブのヒューズが切れた(´・ω・`)スーパーカブ110JA10

最近、調子が良い=燃費良いと思っていた
スーパーカブ110JA10=通勤カブ=通称カブTKK その矢先(*´ω`*)

ウインカー・フィエールメーター・オイルランプ・ニュートラルランプなど
全滅(*´ω`*)

ヒューズが飛んだのか?
エンジンは、かかかる
走行は、可能(・∀・)


う〜〜ん、
最近、電装系に手を入れた場所は、?

実は
リアキャアリアに取り付けた、ハイマウントストップランプ
今回も、
また・マタ歯抜けに(T_T)
シナ製 LED ハイマウントストップランプ
連続ハズレ か〜(*´ω`*)

なので、
どうも、電源が安定しないのが 切れる原因かと
レギュレーターを装着
それが、
あやし〜
とりあえず、外して、様子見(p_-)

相変わらず、
歯抜け状態は、変わらず、

だが、

急遽、ホームセンターで10Aのヒューズを買い、交換
ヒューズは、切れなくなった(^_^;)

いやはや、
レギュレーター=調整器をつけて、不安定になるとは・・・・・?(*´ω`*)

電装系は、奥が深い デス
シナ製のカブパーツは、バクチだし^^;
もう、😩アキラメ気分 
コレは、これで 味だと思って、放置状態

追伸
スーパーカブのメンテナンスのスキルは、
トラブルごとに、アップするモノなのか?

カブ道の修行は、永遠に続くのデス^^;

オート三輪の顔って(゚∀゚) と やわらかいヒヨコ

美杉のビンテージカーフェスティバルに行って、
オート三輪の顔が
なんかに、似ている?
カエル?カッパか
ペンギンか?
いや〜 チョット違う

・・・・・・・

・・・・・・・

わかった (・∀・) (・A・)だった
追伸
とろけるヒヨコは、
やわらかい時計 ダリっぽい^^;

レストア中のスーパーカブ110JA07完成間近!?か

だいぶ 進みました^^;
レストア中のスーパーカブ110JA07=通称カブLABO
昨日は、フロントフォークを取り付けまで でした(´・ω・`)
フロントカバー メーターパネル下 メーター  合体 しようとしたが、ハーネスが・・・・・どれが、どれか?(´・ω・`)
わからないので、スルーして、後ろから^^; 攻める
だんだんと、カブらしくなった^^; 今日は、ここまで、


外堀は、埋まった^^; もう一息、
詰めは、焦らず、慌てず、
じっくりと、楽しみながら・・・・・・

たぶん、こんなことでは、
6月2日のカフェカブin京都には、・・・・・・・(´・ω・`)

追伸
なんせ、1年前に分解したパーツな もんで、
ネジやハーネスの取り付けが〜

思い出は、遠くに日々に^^;
映画「君の名は」の挿入歌より

カブLABO=スーパーカブ110JA07カウル取り付け開始

やっと、お楽しみのカウルの取り付けが
ハンドルステムのロアアッパーリースの打ち込みができました(^o^)
ついでに、その他の黒のパーツの塗装
100均のつや消しブラックで、バーエンドグリップウェイトも
やっと、ここまで^^;

さ〜 
今日は、どこまで 出来るか?
楽しみながら、ぼちぼちやって行きます。

追伸
ゴーヤやひまわりの種も発芽したので、
そろそろ、植え替えもしなくっちゃ〜

今日も、朝から忙しい〜デス(´・ω・`)

ad

ご愛読ありがとうm(_ _)m

instagram今日の雲