『フロントフォークのオーバーホール』ダストシール オイルシール オイル交換(スーパーカブ110JA07)①

スーパーカブ110JA07のレストアで、洗浄や磨きは、ひとまず置いて、
とりあえず、簡単にできることからっ てことで、

今日は、フロントフォークのオーバーホールを
(オイル・ダストシール・オイルシールの交換)
着脱は、全バラで状態になっているので割愛デス^^;

まずは、パーツリストやサービスマニュアルをよ〜く見て(p_-)
とりあえず、オイル漏れしたフロントフォークを磨く
特に左側はシールの劣化のためか、オイルが固着しまくり^^;

なので、ガソリンとパーツクリーナーで洗浄

①ストッパリングを外す
この凹んだ中央を+ドライバーで押し込むと ストッパリングが見える
それを精密ドライバーのマイナスで、コジ上げる

一人では、押し込むのは結構力がいるので 押し込む人とコジ上げる人の二人でやると簡単デス。
(私的に妻にストッパリングコジ上げる担当に^^;)
ブツブツイイながらも、結構、器用にやっていただきましたm(__)m
(プロは、専用工具でやるそうですが^^;)
で、とれたのが、リングとスプリングシート 
できれば0リングも交換したらベスト(今回は、そのまま流用)

スプリングが飛び出し、ストッパリングがドコか飛んでかないように、慎重に外します

②ソケットボルトを外す
6mmの六角レンチで外れるはずなのですが、
コレが 外れない(´・ω・`)

プラスティックハンマーで叩いても ダメ
ネジロックっていうネジを固着する瞬間接着剤のようなものがネジに塗布されているため、
で、前回 バーエンドをはずすときには、ネジロックされているボルト外しには、バーナーで焼くってことを思い出し

バーナートーチで炙ってみる
で、インパクトドライバー6mm六角ではずしてみるが ダメ

これ以上やると、六角をなめてしまいそうで、一時中断

で、

私のスーパーカブの主治医である丸山モータースに泣きつく^^;
大型バイスにフォークをハサミ、大型ハンマーで叩く

一発(゚∀゚) でした。
(こんな大型バイスや大型ハンマーなんで私的に常備できませんデス^^;)

固着しすぎですぞ〜
6万5千キロ一回もフォークのオーバーホールしていないのか(゚∀゚)

やっとソケットボルトも外れたことだし、
コイルの長さを確認、(スプリング長さ306.8mm 以上アレば良い)

③オイルシールを外す コレが最後の難関

マイナスドライバーでこじっても拉致があかないので、

一考(^_^;)

タイヤレバーKTC
これで、一気にコジ上げる
一気にやるのがコツです(^_^;)

やっと^^; オイルシールがとれました
新旧のオイルシール比較

今日は、一本だけ、

暗くなったので、今日は、コレで、終わり\(^o^)/
(フロントフォークのオーバーホールなんぞ、と思いきや予定時間を大幅にオーバー)

明日は、もう一本と、オイルシールとダストシールを入れ、

オイルを入れ、油面調整です^^;

体が冷えたので、風呂入って焼酎のお湯割り(64)で寝ます(゚∀゚)

フロントフォークオーバーホールは、明日に続く

参考サイト
フロントフォーク オイル交換 スーパーカブ110JA07
カニ五郎blog カブ110(JA07) フロントフォーク・オーバーホール
http://kanigoro.blog.shinobi.jp/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%EF%BC%86%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9/%E3%82%AB%E3%83%96110-ja07-%20%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

スーパーカブ110(JA07)のフロントフォークオイルの交換
http://www.offroad-funtouki.com/cubfork/cubfork.html

コメント

このブログの人気の投稿

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブの寿命は?

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる