中古のスーパーカブ購入・点検・オイル交換の考察

中古のスーパーカブを購入して、

オーナーが、まずやることは?
当然 
ガソリンを入れる=満タン

自分のカブの調子のバロメーターとして、燃費は、満タン計算で
毎度 調べるのが良いかと

基本、110の場合、燃費50km/Lが最低ラインと、私的基準
それ以下だと、黄色信号=なにか?トラブルの可能性を疑う
回しすぎって、ことも・・・・・アルが(*´ω`*)

で、
ある程度(10km)ほど走って
そのカブの調子・癖・不備・不満 などの様子をさぐる

で、次にやるのが、
前後のブレーキ調整・チェーンの張り具合やチェーンオイルの状態を確認
点火プラグをはずす

タイヤの空気圧・保安部品(ヘッドライト・ウィンカー・ホーン)の確認
バッテリーとオイルの状態を確認
空気圧計は、かならずガソリンスタンドにあるので、ついでにチェック
空気圧は、燃費にも影響が大+パンクの危険性も大
基準は、前2.0 後2.2(荷物を積むこと前提)

私的には、前2.1 後2.3 (状況に応じてお好みで前後)

上記を確認したら、
とりあえず、オイル交換
新車及び交換済みを購入したら、1000Km以内で交換

現状のままの購入なら、できるだけ早く交換

カブのオイルの交換頻度は、
私的1000Km毎を推薦しています。
と、申しますも、
ホンダのサイト及びサービスマニュアルには、3000Km毎で
との記載がある
が、
それは、あくまで、最低ラインの場合のこと。
つまり、そのオイル交換サイクル(3000Km毎)でも 新車で買って3年間は、保証できる=保証条件内である だけのこと。

つまり、エンジンやギヤに対して、その頻度がベストでもベターでもナイわけです。

もちろん、化学合成オイルの最高品を最短(100km)で交換しても良いわけですが、レースをやるのでも無ければ、

あまり、極端にオイルを消費しても、何のためにカブを買ったのか? 
=経済性を無視しては、現実的ではなくなるので。

で、
以前(1年ほど前)は、
 
Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用 1L 08233-99961 [HTRC3]


Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G4 SL 0W-30 4サイクル用 1L 08235-99961 [HTRC3]

を 季節や気温・走行状態(ツーリング・街乗り)
などにより、ミックスして 使い分けていました。

つまり、
冬場の最盛期(氷点下が続く)場合は、
G4 0W-30 100% 

だんだん気温が上がるにつれ
G2 10W-40 の割合は、増やし、

夏場の30度を超える猛暑日の連続なら、
G2 10W-40 100% 

もちろん、街乗りや通勤オンリーなら、
コストも考えて、
Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08233-99971 [HTRC3]

G2の10W-30 100%

などと、使い分けていました。
値段は、一般的には、G4のほうがG3にくらべ、30%ほどコスト高


ところが
最近は、
コレ👇
AZ(エーゼット) MEO-012 バイク用 4Tエンジンオイル10W-40 SL/MA2 4L [FULLY SYNTHETIC/全合成/化学合成油] (4サイクルエンジンオイル/4ストオイル/バイクオイルEG044) SE511

メイン オイル
理由は、お安い(゚∀゚)
+ホンダ純正Gシリーズと性能も遜色ないような?
ホンダさんが、保証しているか? どうか?の違いしか〜〜〜〜


スーパーカブのオイル交換は、初心者でも簡単にできるため、
一番最初の 自分なりカスタマイズと考え、

自分のライフスタイル+懐具合を考慮して、
オイル交換を楽しんでくださいネ

自分の気に入ったオイルで交換、
その後、エンジンとともに、自分自身の気分もリフレッシュ


上記の作業は、
オイル交換とともに、1000km毎に 必ず点検する箇所で

慣れると、小一時間ほどで、全てやり終えるほどの、基本的な作業ですので、
カブライフを長く、安全に、安く
自前でやるためには、
ぜひマスターしてくださいネ








このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる