新型スーパーカブ正式発表

待ちに待った新型カブが正式に発表されましたね。

エンジンは、従来と基本設計は同じようで、新しい排ガス規制に対応しながら、110は、燃費向上
メンテナンスもオイルフィルターやドレンボルトも整備のしやすいように改良されているとのこと。

とにかく早く現物を見て、乗ってみたいです。

後、ユーチューブでホンダの正式動画
一億人に愛される理由 も添付致します。

以下、転載
ヤングマシンさんの取材によると
ソース元
https://young-machine.com/2017/10/20/2735/
2018新型スーパーカブ発売間近

熊本製作所でカブの1億台目がラインオフ


10月19日、スーパーカブシリーズの世界生産累計1億台達成を記念する式典が熊本製作所で開催された。同時に2018年新型スーパーカブ50/110も正式発表されたので詳細を紹介しよう。

スーパーカブㇼシーズ生産累計1億台目となった、バージンベージュカラーの2018スーパーカブ110とともに登壇したホンダの八郷社長。熊本地震を乗り越えた労をねぎらうとともに、新たなスタートを切るスーパーカブを生産する従業員に向けて「息の長い商品を造って欲しい」と語った。

中国から熊本に生産を移管し、1億台

2012年モデルから中国生産となったスーパーカブ50/110が、2018年モデルから日本での生産に移管することになったのは既報の通り。そして、10月19日に2018年モデルのスーパーカブ50/110が正式発表され、熊本製作所の生産ラインが公開された。140mあるという完成車工場のコミューターラインを11月10日発売の新型スーパーカブが絶え間なく流れていく。現在、日産250台のペース生産が続けられており、ついに1億台目のスーパーカブ110がラインオフしたのだ。

熊本製作所はファンモデルの生産が本来の役割だが、現在はほぼ国内専用機となっている50ccスクーターの生産も行うようになっており、ヤマハとの提携でいずれここからヤマハブランドの50ccモデルをOEMで供給することにもなっている。これにスーパーカブが追加されたことなる。

LEDだから実現した丸型ヘッドライト

開発責任者の亀水氏によると「お客様の要望するカブの姿は原点である丸型のヘッドライトでした。角型としたのはアセアン地域などで法規対応するためにでしたが、LEDとしたことで丸型でも光量を確保することができました」という事だ。そして中国から熊本に生産を移管したのは、国内独自のカテゴリーである50ccの排ガス規制に対応するには日本で行った方がフレキシブルに開発できるからで、2年前からプロジェクトがスタートした。他にも50ccスクーターのジョルノやタクトがすでに国内生産に切り替わっていることから、集約するためでもあるだろう。

丸眼となったヘッドライトには省電力&長寿命なLEDを投入。懐かしくも新しい雰囲気だ。ユニットが小型化したことで、ハンドルまわりのコンパクト化にも成功している。

規制対応するも出力は同等

驚異の燃費を誇る空冷単気筒は、低フリクションを追求したピストンなどを採用。厳しい新排ガス規制をクリアしつつ、50で69.4㎞/ℓ、100で67.0㎞/ℓをマークする(WMTCモード)。50は若干ダウンも大健闘、100は従来より1.4㎞/ℓ上回るのだから凄い。乗り心地や整備性など使い勝手もよりアップしている。ちなみに、チェーンサイズをアップした配達用とのプロ仕様はタフネスさと引き換えに1㎞/ℓ少し燃費が犠牲になった。

耐久性と低摩擦を追求したピストン&シリンダー、2段触媒付きマフラーを新採用し、平成28年排ガス規制に対応。ロータリー式4速ミッションは、シフトドラムの回転軸をニードルベアリング支持とし、より軽く節度あるタッチになった。整備性向上のために、交換式オイルフィルターやスクリーンフィルター付きドレンボルトなども追加。

スタイルは見ての通り原点回帰

誰が見てもカブと分かるデザイン、初代C100やOHCの2代目を思わせる外装に刷新。レッグシールドからロング化されたリヤフェンダーまで、滑らかな曲線でラインを構成する。ボディ左右には着脱式のサイドカバーを新設し、右側に電装系を集約、左側を小物入れとした。前ウインカーはハンドル埋め込み式の角型だったが、独立式の円型に。尾灯は縦長となった。これらもC100と同様の意匠だ。50&100ともにタイヤサイズ、前後ドラムブレーキは現行型と不変だ。

レッグシールドからリヤフェンダーにつながる滑らかな曲線で構成したスタイル。ボディ両サイドには取り外し可能なサイドカバーを採用。右は電装系部品、左はメンテナンスノートなどの書類を収めるスペースとしている。テールランプは丸みのある縦長タイプとした。

メーターも新作。アナログの速度計&燃料計は、見やすい文字盤のデザインとLEDインジケーターを新採
用。小型ながら視認性は優秀だ。シートのウレタン素材と底板形状を最適化し、座り心地がより快適に。足着き性も向上していると言う。

●価格:23万2200円(50)/27万5400円(110)
●色:黄、銀、ベージュ、紺、緑(50)/青、白、ベージュ、紺、緑(110)
●発売日:11月10日
■全長1860 全幅695 全高1040 シート高735 軸距1205[1210](各㎜) 車重99[96]㎏(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ109[49]㏄ 最高出力8[3.7]㎰/7500rpm 最大トルク0.87[0.39]㎏-m/6000rpm 内径×行程50×55.6[37.8×44]㎜ 始動方式セル&キック併用■燃料タンク容量4.3ℓ■タイヤF=70/90-17[60/100-17] R=80/90-17[60/100-17] ※[ ]内は50


コメント

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる