スキップしてメイン コンテンツに移動

バイクブログへ

新型スーパーカブ正式発表

待ちに待った新型カブが正式に発表されましたね。

エンジンは、従来と基本設計は同じようで、新しい排ガス規制に対応しながら、110は、燃費向上
メンテナンスもオイルフィルターやドレンボルトも整備のしやすいように改良されているとのこと。

とにかく早く現物を見て、乗ってみたいです。

後、ユーチューブでホンダの正式動画
一億人に愛される理由 も添付致します。

以下、転載
ヤングマシンさんの取材によると
ソース元
https://young-machine.com/2017/10/20/2735/
2018新型スーパーカブ発売間近

熊本製作所でカブの1億台目がラインオフ


10月19日、スーパーカブシリーズの世界生産累計1億台達成を記念する式典が熊本製作所で開催された。同時に2018年新型スーパーカブ50/110も正式発表されたので詳細を紹介しよう。

スーパーカブㇼシーズ生産累計1億台目となった、バージンベージュカラーの2018スーパーカブ110とともに登壇したホンダの八郷社長。熊本地震を乗り越えた労をねぎらうとともに、新たなスタートを切るスーパーカブを生産する従業員に向けて「息の長い商品を造って欲しい」と語った。

中国から熊本に生産を移管し、1億台

2012年モデルから中国生産となったスーパーカブ50/110が、2018年モデルから日本での生産に移管することになったのは既報の通り。そして、10月19日に2018年モデルのスーパーカブ50/110が正式発表され、熊本製作所の生産ラインが公開された。140mあるという完成車工場のコミューターラインを11月10日発売の新型スーパーカブが絶え間なく流れていく。現在、日産250台のペース生産が続けられており、ついに1億台目のスーパーカブ110がラインオフしたのだ。

熊本製作所はファンモデルの生産が本来の役割だが、現在はほぼ国内専用機となっている50ccスクーターの生産も行うようになっており、ヤマハとの提携でいずれここからヤマハブランドの50ccモデルをOEMで供給することにもなっている。これにスーパーカブが追加されたことなる。

LEDだから実現した丸型ヘッドライト

開発責任者の亀水氏によると「お客様の要望するカブの姿は原点である丸型のヘッドライトでした。角型としたのはアセアン地域などで法規対応するためにでしたが、LEDとしたことで丸型でも光量を確保することができました」という事だ。そして中国から熊本に生産を移管したのは、国内独自のカテゴリーである50ccの排ガス規制に対応するには日本で行った方がフレキシブルに開発できるからで、2年前からプロジェクトがスタートした。他にも50ccスクーターのジョルノやタクトがすでに国内生産に切り替わっていることから、集約するためでもあるだろう。

丸眼となったヘッドライトには省電力&長寿命なLEDを投入。懐かしくも新しい雰囲気だ。ユニットが小型化したことで、ハンドルまわりのコンパクト化にも成功している。

規制対応するも出力は同等

驚異の燃費を誇る空冷単気筒は、低フリクションを追求したピストンなどを採用。厳しい新排ガス規制をクリアしつつ、50で69.4㎞/ℓ、100で67.0㎞/ℓをマークする(WMTCモード)。50は若干ダウンも大健闘、100は従来より1.4㎞/ℓ上回るのだから凄い。乗り心地や整備性など使い勝手もよりアップしている。ちなみに、チェーンサイズをアップした配達用とのプロ仕様はタフネスさと引き換えに1㎞/ℓ少し燃費が犠牲になった。

耐久性と低摩擦を追求したピストン&シリンダー、2段触媒付きマフラーを新採用し、平成28年排ガス規制に対応。ロータリー式4速ミッションは、シフトドラムの回転軸をニードルベアリング支持とし、より軽く節度あるタッチになった。整備性向上のために、交換式オイルフィルターやスクリーンフィルター付きドレンボルトなども追加。

スタイルは見ての通り原点回帰

誰が見てもカブと分かるデザイン、初代C100やOHCの2代目を思わせる外装に刷新。レッグシールドからロング化されたリヤフェンダーまで、滑らかな曲線でラインを構成する。ボディ左右には着脱式のサイドカバーを新設し、右側に電装系を集約、左側を小物入れとした。前ウインカーはハンドル埋め込み式の角型だったが、独立式の円型に。尾灯は縦長となった。これらもC100と同様の意匠だ。50&100ともにタイヤサイズ、前後ドラムブレーキは現行型と不変だ。

レッグシールドからリヤフェンダーにつながる滑らかな曲線で構成したスタイル。ボディ両サイドには取り外し可能なサイドカバーを採用。右は電装系部品、左はメンテナンスノートなどの書類を収めるスペースとしている。テールランプは丸みのある縦長タイプとした。

メーターも新作。アナログの速度計&燃料計は、見やすい文字盤のデザインとLEDインジケーターを新採
用。小型ながら視認性は優秀だ。シートのウレタン素材と底板形状を最適化し、座り心地がより快適に。足着き性も向上していると言う。

●価格:23万2200円(50)/27万5400円(110)
●色:黄、銀、ベージュ、紺、緑(50)/青、白、ベージュ、紺、緑(110)
●発売日:11月10日
■全長1860 全幅695 全高1040 シート高735 軸距1205[1210](各㎜) 車重99[96]㎏(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ109[49]㏄ 最高出力8[3.7]㎰/7500rpm 最大トルク0.87[0.39]㎏-m/6000rpm 内径×行程50×55.6[37.8×44]㎜ 始動方式セル&キック併用■燃料タンク容量4.3ℓ■タイヤF=70/90-17[60/100-17] R=80/90-17[60/100-17] ※[ ]内は50


コメント

ご愛読ありがとうm(_ _)m

このブログの人気の投稿

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

出るか、出るのか? と思っていたら、
新型スーパーカブC125が、本当に発売されるとの情報が(゚∀゚)

発表 2018年 6月
発売予定日は、2018年 9月 予定

で、お値段は
400,000円
40万円(゚∀゚)
とても気軽にお仕事や通勤には、使えない感じ

こりゃ〜 レトロ調カブ風味のロードスポーツバイクじゃ〜(゚∀゚)

画像提供はイソキムチさん ありがとうございますm(_ _)m
早速ブログで使わせていただきました。

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

スーパーカブC125の発売予定と価格が発表されようですが、
このカブC125の仕様やデザインをネットで見ると

カブのアイデンティティである自動遠心クラッチ機構はしっかり採用しているようで、
(一安心^^;

ギヤは4速? 5速? 私的には、5速かな〜
累計の生産台数が1億台に到達した、まさに世界のホンダ・スーパーカブ。
2018年は60周年
なんと60年の歴史のあるバイク

ちなみに私も今年で60に・・・^^;

東京モーターショー2017に出品されたスーパーカブC125は、その新たな方向性を提案する新型モデルじゃないかと

ソコ大事
そのアラタナ方向性の提案って・・・・・・

カブがプロ仕様ではなく、趣味性の高いスポーツバイクになるってことか(゚∀゚)

つまり50ccは、すべて電気(モーター)になるってことか(゚∀゚)


まっ、
ソコは置いといて、

カブのアイデンティティーの一つである、カモメハンドルのやヘッドライト下のホーングリル、ウインカーやテールランプ形状などなど、
まさに昭和レトロそのもの

エンジンはグロム系の転用とのこと、

原付二種の最大排気量・125cc
(ピンクナンバー最高\(^o^)/)

がもたらす余裕(60㌔巡航+後続車に幅寄せされない)の走りに加え、振動低減やシフトフィール向上にも配慮してフィーリングの上質さも追求されている

まさに、
昭和レトロで、今まで大型バイクや大排気量、外車(ハーレーやMMW・ドガ)などに興味が向いていた、リターンズライダーなどの新たな購買層を魅いだすのでは、

それでいながらカブのアイデンティティであるレッグシールドや自動遠心クラッチ機構はしっかり採用なので、クラッチレバー操作は不要。

そこはシッカリ カブ 
(このデザイナー、シッカリ痛いところをついています よ〜)


書いていながら、私も欲しくなりました(゚∀゚)

新型スーパーカブC125
40万か〜

カブを三台持つって 女房になんと言い訳・・・・・が(-_-;)

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

今私の愛車スーパーカブ110JA07に付けているのは、シングルシートとピリオンシート

ウィッキペディア引用
オートバイ用のシートには、1つのシートに1人の乗員が着座するものと、1つのシートに2人の乗員が着座できるものの2種類に大別できる。一人乗り専用の物は「シングルシート」「ソロシート」と呼ばれ、二人乗りが可能なものは「ダブルシート」「ロングシート」と呼ばれる。また、同乗者のみが着席する後席については、「タンデムシート」「ピリオンシート」「パッセンジャーシート」などの呼称もある。前席と後席でシートが個別になっている場合、単純に「フロントシート」・「リアシート」と呼ぶ場合もある

ピリオンシートは、別名サドルシートとも言われ、シングルシートを補助的にタンデム(2人乗り)にするためのもの。
ちなみに、ピリオンの語源は「ピリン(小さいクッション)」という意味のアイルランド語。ピリンという形容詞がピリオンという名詞になったのでは?との説が(-_-;) 

なので、簡単に外し荷台にすることができる。

が、 今まで、3年間で一度もそんなことをしたことはナイ・ω・
それに比べ、タンデム(2人乗り)は、息子の稽古ごとや一緒のツーリングなどに何度も使用している。

今回依頼の6万5千キロのJA07のレストアとカスタムにあたり、そのような事情から、思い切って ダブルシートに交換しようかと
で 色に合わせて(現在は、コスターブルーですが、プコブルーや世田谷ベースカラーやベージュなどの パステル調の淡い オシャレな(^_^;)色にする予定)

それに合わせて、シートの色も 黒から 茶色にチャレンジしようかと^^;

スーパーカブ110JA07のダブルシートの選択として○ホンダ純正
2012年に製造中止のスーパーカブ110JA07は、当然ですが、新品の在庫は無いらしく、中古かデットストックに頼るしかない
ホンダのホームページでシートで検索しても、
最新のシートの それもカバーしか乗っていなかった
http://www.honda.co.jp/bike-accessories/SUPERCUB-PRO/seatcover/index.html

なので、価格コムか楽天、ヤフオクでさがすしか手がないような(^_^;)
○キジマKIJIMA 私的には、キジマっていえばカブのカスタムシートってイメージですが
http:…

愛車スーパーカブ110JA07 タイヤ・リアホイールベアリング・リアブレーキ他一括交換

今日は、代休\(^o^)/
なので、朝から カブ三昧にイソシム予定^^;

前から気になっていたリアのタイヤ交換から始めようかと
カブノート(カブのメンテナンスノート)によると
去年の7月に約2万3千キロで交換済み
今回は、2万8千キロなので、半年間・タッタの5千キロでこの状態👆(゚∀゚) 

気を取り直して、まずは洗車から
(先日雨だったので、泥だらけ(T_T)
次に、新しいタイヤをどれにしようか?悩む^^;
いつものミシュランM35 にしようか? でもちょっとライフが・・・・・短い^^;
依頼された6万五千キロのカブのブリジストンG556タイヤが余っている
このタイヤは、減りが少なく、ビジネス(郵便・新聞配達)御用達として定番
なので、この際思い切って、テストも兼ね G556をチョイス^^;
カブのタイヤ交換もこれで6度目(慣れたもんです) ここで、ちょっとしたアイディアを・ω・👆 タイヤを外しやすくするため、ブロックで嵩上げ (たったの15センチだが、すっぽりと楽らくタイヤごと落ちる(^_^)
タイヤを外し、ブレーキシューの厚みもチェック(p_-) シューもあまりない(゚∀゚)
なので、ついでに リアのブレーキシューも交換 コレも、G556についていたもの 左から、中古純正・デイトナ新品・今回外したデイトナのブレーキシュー
たまには、純正を使ってみようかと
で、外して交換しようかと 思ったら、 次にリアのホイールベアリングが気になって・・・・・ かれこれ3万キロ 未だ交換していない
この際一気に ついでのついでってことで(゚∀゚) リアのホイールベアリング(全3個セット)も 交換 もちろん グリスアップ ホイールバランス チェーン張り などなど、モロモロの処理を一括して
結局 午前中で終わる予定が、なんだかんだと3時頃まで(゚∀゚)
今日は、ココまでデス^^; テスト走行をかねて、近くのスーパー・ギュウトラまで 買い物へ

キャノピールーフって 良いの?

私の息子の空手の送迎で、三重県津市総合体育館、サオリーナで、こんなスクーターを発見(p_-)
夜で、iPhoneなもんで画像が悪くってm(_ _)m 完全雨仕様か? (゚∀゚)

ワイパーまで
しかし、デカイ 後ろを回って(p_-)
125cc  ・・・(゚∀゚)・・・・・・・
それで、この大きさと威圧感

後ろに デカイ キャリアボックス付き(゚∀゚)

ここまですると、目立ちすぎ っていうか、すり抜けや 小回りも???

気になるので、
ネットで 『屋根付き・スクーター』なんてキーワードで 検索してみる

出て来るデて来る コンなのまで👇 BMW C1のコンセプトモデル ちなみに、英語でキャノピールーフって言うんだって

キャノピーとは、 (乗り物) - 航空機や乗用車の操縦席を覆う透明な天蓋。可動式で乗降口も兼ねる


だんだん、ピザの宅配や車のスマートに近づいて・・・・・
スマート メルセデス生まれの、シティコンパクト。超コンパクトなボディの中に驚くほどのスペースユーティリティ、どんな道もスイスイ走れる抜群の取り回しやすさ、さらにメルセデスの最先端技術を駆使した高度な安全性能を兼ね備えたクルマ、それが“スマート”です。
だって^^;

車に屋根を取ったり、スクーターに屋根をつけたり、欲望に限りは・・・・

でも、このスマートより、カブのほうが、さらにスマート かと^^;
何事も、ホドホドかな?

カブのエンジンオーバーホールをほったらかしで

昨日は、一週間ぶりの休日でした
が、
家の庭の松やレンギョウの剪定や花壇の草抜きなどに1日中追われ、

結局 依頼されたスーパーカブ110JA07のエンジンオーバーホールは、お預け(T_T)

特に、家の門にある松の剪定、(春の新芽のモギリ)
興味のある方だけ^^; 見てね

非常に手間がかかるが、この時期にコレをスルーすると、
バサバサと伸びていき、後の剪定がエライことに^^;

なので、この松の剪定をメインに作業(朝の8時から3時頃まで脚立に登って ^^;)
見た目はあまり変わらないですが、けっこうスッキリと

その他、レンギョウの剪定
まだ、花がさいているのですが、この機会にバッサリと^^;

池の周りの苔の手入れも
この一連の作業を 最低春と秋の年2回は、やらないと・・・・・・

カブのタイヤ交換オイル交換と同じで、庭の植木も定期的なメンテナンスを怠ると・・・・・・・・・

後が、ひどいことに(゚∀゚)

面倒くさいですが、
他に、やってくれる人がいないし、植木職人に頼むと お高い(゚∀゚)

でも、こうやって自分でやると、また一段と 愛おしく思えるもの

スーパーカブも庭もメンテカスタマイズって大変そうですが、
自分でやると楽しいものです(^^)

グーグル ストリートビュー カー 発見(p_-)

三重県 津市 久居ってところの 県道165号 久居陸上自衛隊前で、
愛車スーパーカブ110JA07 で走行中 グーグルカーを発見(゚∀゚)

思わず激写
(知っている方は、同年代かと^^;



このサッカーボールのような(゚∀゚) 3Dカメラが ス・ゴ・イ

車は、レガシーインプレッサ
ドライバーは、サングラスだが、女性(゚∀゚)

私的に、グーグル・マップは必需品
常に大活躍
iPhoneのブラウザー画面トップに君臨中^^;

が、
基本、私はアナログ人間で、紙媒体の地図を 最後まで手放さなかったのですが
土地勘がダメになりそうで・・・・・

サスガニ、ココ3年ほど前(iPhone5sを手に入れたから)
カーナビは、グーグル・マップにおまかせ・ω・

このように、グーグル・マップは、日々更新されているのですね

ちょっと、感動です。

スーパカブ110JA07リアキャリアとボックスの考察

皆さんのカブには、どんなリアキャリアやボックスを付けていますか?

私は、東京堂 トウキョウドウ 純正キャリア用延長キャリア HONDA SuperCUB110 スーパーカブ110 (JA07)を付けています👇
と、申しますのもプライベートで使う場合、どうしても2人乗り(息子のお稽古ごとの送迎や一緒にツーリング)などで、どうしてもカブ荷台はダンデムシートが常備^^;
なので、どうしても延長リアキャリが必要なのです。

でリアボックスは?と言いますと

カブのリアボックスの定番だと
アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 密閉 カギ付 460 グレー/ダークグリーン 幅45.5×奥行36.1×高さ35.1cm 採集コンテナ3個組 イエロー
Honda(ホンダ) ラッゲージボックス [スーパーカブ,クロスカブ、ベンリィ等] 08L74-KZV-J01ZC
ホンダ純正 ビジネスBOX ハンターカブ御用達 Hepco&Becker (ヘプコ・アンド・ベッカー(・・;)
などなどイロイロな選択肢がありますが、

私のカブ110JA07には、コレ👇 バイクパーツセンター リアボックス48L ブラック トップケース 907904
3年ほど前にアマゾンでポッチッたのですが、OEMでイロイロあるようで、
ヘルメットが2個楽々、通常はカッパ、パンク修理剤、積載用ゴム紐、カブノート他書類、空気入れなどを入れてもスカスカの余裕^^;

ただ、でかい(・・;)

その上、リアキャリアからはみ出しているので、非常に不安定
振動やタンデム時にフラフラ、ブヨブヨと上下に揺れるんです(-_-)

なんで、ちょっと工夫を^^;
東京堂のキャリアと純正の荷台とに U字ボルトと六角ボルト 平ステーで固定

コレを左右に付けてレンチで締め上げる
(オールステンレスだとベスト・それでも左右¥1000ほど)

コレでグラグラしません^^;

ついでに、リアボックスとキャリアを固定する付属のステー(プラスティック)も
落下防止の保険のため結束バンドで4箇所ほど固定

この状態で愛車スーパーカブ110JA07は、3年間、雨、雪、台風の日も、往復20㌔の通勤、ツーリングや息子の送迎に耐え続けております。^^;

デリボーイとスーパーカブの共通点

今日、こんな車を発見
デリボーイ

なんてシンプルで おしゃれな車なんだろう
色もアイボリーがシブくっていいね〜(⌒▽⌒)
とてもトヨタの車に思えない(゚∀゚)

一見 外車(ルノーのカングーやエクスプレスのような)

この、道具としての機能美に一目惚れ(*^^*)
このそっけないほどのデザインで、
日常的なマルチパーパス(なんでも載せられ、どこへでも、何日でも)
に徹底したプロ仕様

自己主張をイッサイしないことが、圧倒的な自己主張を醸し出している(゚∀゚)

この道具に徹した機能美が
スーパーカブとの最大の共通点かと
まさに、Simple is Best 

キャンプ仕様にして、釣具一式とスーパーカブを載せ、
北海道一周の旅なんぞに・・・・・
十勝あたりをベースにアメマス系のイワナを釣り三昧
海で、秋鮭(あきあじ)をルアーで狙う

なんて・・・・・・・・(´・ω・`)

夢は膨らむばかり^^;
久々に欲しいと思える車に出会えましたデス

新型スーパーカブ110プロJA42の試乗インプレ

私の住む三重県津市あたりでは、未だ新型スーパーカブ110JA44やJA42、郵便カブのJA43MDでさえも見かけなのですが・・・・・ω・

ネット仲間で、実際に買ったのはスーパーカブ110プロJA42の一人だけ
イソキムチさんよりお借りしましたm(_ _)m そのインプレによると、

『チェーンの遊びを抑えるテンションのバーが、変わって暴れにくくなってるらしいです!

それにチェーン自体もグレードが良くなったらしいですよ!
(420から428に)

 ミッションは、入りにくいとか!は、全くありません!

まあJA10からの変更みたいですが!
(ピストンスカート部には、モリブデンコートを施し、シリンダーには四輪にも使われているスパイニースリーブを採用。摩擦抵抗を減らし長寿命を実現している)だって

JA10の前にJA10PROに一年7ヶ月ぼど、乗ってましてが!新型の全体的な滑らかさは、やはり素晴らしいです!

とのこと
イソキムチさん貴重なコメントありがとうm(_ _)m

話を聞いただけで、
うっ う〜ん、一度乗ってみた〜いよ〜

新車だから、なめらかなのか?新型だからなのか?

どちらにしろ、乗ったら、欲しくなってしまうのが

こわいよ〜

追伸

新型スーパーカブJA44の色は、ネットで見る限りバーベインデニムブルーメタリックを選択している人ばかりなのですが、

私的には、クラシカルホワイトをチョイスかも

新型クロスカブが発売とともに あらたに新色もプラスされるかも。
落ち着くまで(リコール等)もうちょっと様子見かな

とにかく、どんな色でもいいので、一度乗ってみたいよ〜

instagram今日の雲