スキップしてメイン コンテンツに移動

バイクブログへ

新型スーパーカブ正式発表

待ちに待った新型カブが正式に発表されましたね。

エンジンは、従来と基本設計は同じようで、新しい排ガス規制に対応しながら、110は、燃費向上
メンテナンスもオイルフィルターやドレンボルトも整備のしやすいように改良されているとのこと。

とにかく早く現物を見て、乗ってみたいです。

後、ユーチューブでホンダの正式動画
一億人に愛される理由 も添付致します。

以下、転載
ヤングマシンさんの取材によると
ソース元
https://young-machine.com/2017/10/20/2735/
2018新型スーパーカブ発売間近

熊本製作所でカブの1億台目がラインオフ


10月19日、スーパーカブシリーズの世界生産累計1億台達成を記念する式典が熊本製作所で開催された。同時に2018年新型スーパーカブ50/110も正式発表されたので詳細を紹介しよう。

スーパーカブㇼシーズ生産累計1億台目となった、バージンベージュカラーの2018スーパーカブ110とともに登壇したホンダの八郷社長。熊本地震を乗り越えた労をねぎらうとともに、新たなスタートを切るスーパーカブを生産する従業員に向けて「息の長い商品を造って欲しい」と語った。

中国から熊本に生産を移管し、1億台

2012年モデルから中国生産となったスーパーカブ50/110が、2018年モデルから日本での生産に移管することになったのは既報の通り。そして、10月19日に2018年モデルのスーパーカブ50/110が正式発表され、熊本製作所の生産ラインが公開された。140mあるという完成車工場のコミューターラインを11月10日発売の新型スーパーカブが絶え間なく流れていく。現在、日産250台のペース生産が続けられており、ついに1億台目のスーパーカブ110がラインオフしたのだ。

熊本製作所はファンモデルの生産が本来の役割だが、現在はほぼ国内専用機となっている50ccスクーターの生産も行うようになっており、ヤマハとの提携でいずれここからヤマハブランドの50ccモデルをOEMで供給することにもなっている。これにスーパーカブが追加されたことなる。

LEDだから実現した丸型ヘッドライト

開発責任者の亀水氏によると「お客様の要望するカブの姿は原点である丸型のヘッドライトでした。角型としたのはアセアン地域などで法規対応するためにでしたが、LEDとしたことで丸型でも光量を確保することができました」という事だ。そして中国から熊本に生産を移管したのは、国内独自のカテゴリーである50ccの排ガス規制に対応するには日本で行った方がフレキシブルに開発できるからで、2年前からプロジェクトがスタートした。他にも50ccスクーターのジョルノやタクトがすでに国内生産に切り替わっていることから、集約するためでもあるだろう。

丸眼となったヘッドライトには省電力&長寿命なLEDを投入。懐かしくも新しい雰囲気だ。ユニットが小型化したことで、ハンドルまわりのコンパクト化にも成功している。

規制対応するも出力は同等

驚異の燃費を誇る空冷単気筒は、低フリクションを追求したピストンなどを採用。厳しい新排ガス規制をクリアしつつ、50で69.4㎞/ℓ、100で67.0㎞/ℓをマークする(WMTCモード)。50は若干ダウンも大健闘、100は従来より1.4㎞/ℓ上回るのだから凄い。乗り心地や整備性など使い勝手もよりアップしている。ちなみに、チェーンサイズをアップした配達用とのプロ仕様はタフネスさと引き換えに1㎞/ℓ少し燃費が犠牲になった。

耐久性と低摩擦を追求したピストン&シリンダー、2段触媒付きマフラーを新採用し、平成28年排ガス規制に対応。ロータリー式4速ミッションは、シフトドラムの回転軸をニードルベアリング支持とし、より軽く節度あるタッチになった。整備性向上のために、交換式オイルフィルターやスクリーンフィルター付きドレンボルトなども追加。

スタイルは見ての通り原点回帰

誰が見てもカブと分かるデザイン、初代C100やOHCの2代目を思わせる外装に刷新。レッグシールドからロング化されたリヤフェンダーまで、滑らかな曲線でラインを構成する。ボディ左右には着脱式のサイドカバーを新設し、右側に電装系を集約、左側を小物入れとした。前ウインカーはハンドル埋め込み式の角型だったが、独立式の円型に。尾灯は縦長となった。これらもC100と同様の意匠だ。50&100ともにタイヤサイズ、前後ドラムブレーキは現行型と不変だ。

レッグシールドからリヤフェンダーにつながる滑らかな曲線で構成したスタイル。ボディ両サイドには取り外し可能なサイドカバーを採用。右は電装系部品、左はメンテナンスノートなどの書類を収めるスペースとしている。テールランプは丸みのある縦長タイプとした。

メーターも新作。アナログの速度計&燃料計は、見やすい文字盤のデザインとLEDインジケーターを新採
用。小型ながら視認性は優秀だ。シートのウレタン素材と底板形状を最適化し、座り心地がより快適に。足着き性も向上していると言う。

●価格:23万2200円(50)/27万5400円(110)
●色:黄、銀、ベージュ、紺、緑(50)/青、白、ベージュ、紺、緑(110)
●発売日:11月10日
■全長1860 全幅695 全高1040 シート高735 軸距1205[1210](各㎜) 車重99[96]㎏(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ109[49]㏄ 最高出力8[3.7]㎰/7500rpm 最大トルク0.87[0.39]㎏-m/6000rpm 内径×行程50×55.6[37.8×44]㎜ 始動方式セル&キック併用■燃料タンク容量4.3ℓ■タイヤF=70/90-17[60/100-17] R=80/90-17[60/100-17] ※[ ]内は50


ご愛読ありがとうm(_ _)m

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

今私の愛車スーパーカブ110JA07に付けているのは、シングルシートとピリオンシート

ウィッキペディア引用
オートバイ用のシートには、1つのシートに1人の乗員が着座するものと、1つのシートに2人の乗員が着座できるものの2種類に大別できる。一人乗り専用の物は「シングルシート」「ソロシート」と呼ばれ、二人乗りが可能なものは「ダブルシート」「ロングシート」と呼ばれる。また、同乗者のみが着席する後席については、「タンデムシート」「ピリオンシート」「パッセンジャーシート」などの呼称もある。前席と後席でシートが個別になっている場合、単純に「フロントシート」・「リアシート」と呼ぶ場合もある

ピリオンシートは、別名サドルシートとも言われ、シングルシートを補助的にタンデム(2人乗り)にするためのもの。
ちなみに、ピリオンの語源は「ピリン(小さいクッション)」という意味のアイルランド語。ピリンという形容詞がピリオンという名詞になったのでは?との説が(-_-;) 

なので、簡単に外し荷台にすることができる。

が、 今まで、3年間で一度もそんなことをしたことはナイ・ω・
それに比べ、タンデム(2人乗り)は、息子の稽古ごとや一緒のツーリングなどに何度も使用している。

今回依頼の6万5千キロのJA07のレストアとカスタムにあたり、そのような事情から、思い切って ダブルシートに交換しようかと
で 色に合わせて(現在は、コスターブルーですが、プコブルーや世田谷ベースカラーやベージュなどの パステル調の淡い オシャレな(^_^;)色にする予定)

それに合わせて、シートの色も 黒から 茶色にチャレンジしようかと^^;

スーパーカブ110JA07のダブルシートの選択として○ホンダ純正
2012年に製造中止のスーパーカブ110JA07は、当然ですが、新品の在庫は無いらしく、中古かデットストックに頼るしかない
ホンダのホームページでシートで検索しても、
最新のシートの それもカバーしか乗っていなかった
http://www.honda.co.jp/bike-accessories/SUPERCUB-PRO/seatcover/index.html

なので、価格コムか楽天、ヤフオクでさがすしか手がないような(^_^;)
○キジマKIJIMA 私的には、キジマっていえばカブのカスタムシートってイメージですが
http:…

カブ専用ヘルメットの考察

カブのヘルメット選びって けっこう難しくないですか?

世田谷ベースの所さんも 
『ヘルメットって難しいよね。今まで相当買ったけど、結局気に入って使っているのは、一個だけだもんね。

アタマのカタチと、帽体のカタチとインナーの厚みと、いろいろなバランスがあるからね。』と 所さんのスーパーカブ ムック本から

ところで、今私が使っているのは、
これ👇 春夏秋冬、雨晴れ、夜昼 と毎日使うものだけに、選択は、難しい〜

私がカブ乗り専用のヘルメットとして求めるものは

①軽さ あまり軽いと事故のときに役に立たないかも?
    (最低でもjis規格の125はクリアー)
②値段 1万円前後が限界^^; 中古でもOK
③色はできるだけ同じ色がいいかも 自前でのペイントも可
⑤乗りながらタバコを吸うので、フルフェイスは、だめ
⑥バイザーはメガネや風雨のときに絶対に必要
 (スモークや色付きは、夜見えなくなるのでだめ)
⑦当然 着装時のフィット感
⑧デザインは、できるだけシンプル
と まあそんなところでしょうか

ところが なかなかどうして?探すと なかなか無いのです(*´ω`*)

今私が使用しているのがダメ(もうすでに、あごひもの取り付け部分がヤバイ)になったら と思って探しているのですが 
色が ちがいすぎるのもイイかも
NK工業 スピードピット ZQ-8 ZACKジェットヘルメット

👇 これか?
うう~ん微妙
BUCO メタルフレーク S/M ブルー 現在品切れ、それに予算完全オーバー^^;
どれも、
いまいちなんですよね〜(._.)
結局今あるやつをバイザーを変え、色を塗り替え、なんとか修理し使い続けるしか無いのか〜 と思っている今日このごろです。

実は、このヘルメット うちの弟が学生時代に通学で使っていたもの。

すでにかれこれ30年前のオサガリ(ビンテージもの)なんです・ω・

👇コメントもお気軽にm(_ _)m

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

スーパーカブC125の発売予定と価格が発表されようですが、
このカブC125の仕様やデザインをネットで見ると

カブのアイデンティティである自動遠心クラッチ機構はしっかり採用しているようで、
(一安心^^;

ギヤは4速? 5速? 私的には、5速かな〜
累計の生産台数が1億台に到達した、まさに世界のホンダ・スーパーカブ。
2018年は60周年
なんと60年の歴史のあるバイク

ちなみに私も今年で60に・・・^^;

東京モーターショー2017に出品されたスーパーカブC125は、その新たな方向性を提案する新型モデルじゃないかと

ソコ大事
そのアラタナ方向性の提案って・・・・・・

カブがプロ仕様ではなく、趣味性の高いスポーツバイクになるってことか(゚∀゚)

つまり50ccは、すべて電気(モーター)になるってことか(゚∀゚)


まっ、
ソコは置いといて、

カブのアイデンティティーの一つである、カモメハンドルのやヘッドライト下のホーングリル、ウインカーやテールランプ形状などなど、
まさに昭和レトロそのもの

エンジンはグロム系の転用とのこと、

原付二種の最大排気量・125cc
(ピンクナンバー最高\(^o^)/)

がもたらす余裕(60㌔巡航+後続車に幅寄せされない)の走りに加え、振動低減やシフトフィール向上にも配慮してフィーリングの上質さも追求されている

まさに、
昭和レトロで、今まで大型バイクや大排気量、外車(ハーレーやMMW・ドガ)などに興味が向いていた、リターンズライダーなどの新たな購買層を魅いだすのでは、

それでいながらカブのアイデンティティであるレッグシールドや自動遠心クラッチ機構はしっかり採用なので、クラッチレバー操作は不要。

そこはシッカリ カブ 
(このデザイナー、シッカリ痛いところをついています よ〜)


書いていながら、私も欲しくなりました(゚∀゚)

新型スーパーカブC125
40万か〜

カブを三台持つって 女房になんと言い訳・・・・・が(-_-;)

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

出るか、出るのか? と思っていたら、
新型スーパーカブC125が、本当に発売されるとの情報が(゚∀゚)

発表 2018年 6月
発売予定日は、2018年 9月 予定

で、お値段は
400,000円
40万円(゚∀゚)
とても気軽にお仕事や通勤には、使えない感じ

こりゃ〜 レトロ調カブ風味のロードスポーツバイクじゃ〜(゚∀゚)

画像提供はイソキムチさん ありがとうございますm(_ _)m
早速ブログで使わせていただきました。

改めて、ボアアップキット(スーパーカブ110JA07)エンデュランスとタケガワについての考察

最近、たま〜にですがヤフオク等で、カブのボアアップキットが出ているときがあって、

前々から気になってはいたのですが、

私的に ボアアップは、禁断の実(手を出したら痛い目に・・・・・)
整形と同じで、しだいに物足りなくなり、
次から次へとチューンアップ地獄へと・・・・

ですが、やはり気になる。

一度はやってみたい。

いや、やって見るべき 

やってみないとわからないこともある。

当然やるべきでしょう。

それは、今しかないでしょう〜

と、誘惑(希望、夢)は、膨らむばかり

とりあえず、調べるだけなら 問題はないハズ

てなことで、

スーパーカブ110JA07のボアップキットの定番

エンデュランス パーツカタログ
http://www.endurance-parts.com/
排気量 108cc → 124.5cc 排気量アップ!!
出力はSTDより、約10%以上UP!!

〔主なキット内容〕
●SPLピストン(WPC+MOS2加工)
●SPLシリンダー
●F.I.B(燃料補正装置)
●パッキン類
●パーツリスト
●取扱説明書
●FIB取扱説明書
販売価格30,000円(税込 32,400 円)

タケガワ パーツカタログ
http://www.takegawa.co.jp/products/detail.php?product_id=403&category_id=862

ハイパーSステージボアアップキット125cc
税抜価格42,800 円
対応車種スーパーカブ110(JA07)
対象車両
:スーパーカブ110(JA07-1000001〜)
品番01-05-0058

について もう一度調べて、アップして見ました。

私的には、エンデュランス 一択です。
(以前からカブのボアップを検索し、様々なサイトや口コミ、評判などを検討した結果)

パワーのタケガワ、安定と扱いやすさのエンデュランスってな感じで、

タケガワは、ハイオク仕様で、圧縮率が高いため、耐久性が心配。
(クラッチ版、ブレーキ等)
(ボアップ自体が耐久性を犠牲にしているわけで^^;
熱く生きるのが良いのか? 末永く幸せが良いのか? ハムレット気分・ω・

なので、
タイカブの125ccのパーツにも使われているエンデュランスは当然の一択

この際(6万5千キロのエンジンオーバーホール)に乗じて
清水の舞台から パラシュートで飛び降りてみ…

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

スーパーカブの燃費って、
良いのが当たり前
ガソリン 1リッターあたり 50kmや60km 走るのが通常かと
いや、走ってもらわないと困りますデス^^;

でも、
私の愛車3号さん スーパーカブ110JA10 の燃費は、45kmほど(-_-)

ほぼ同じエンジンの 愛車1号さん スーパーカブ110JA07は、平均55km
なんと、20%も 違う
消費税が2%上がるって、大騒ぎしているのに^^;
ガソリンの値段も 最近ジワジワと・・・・・・

通勤で、同じ人間が 同じコースを同じように走っているのに
これは、とんでもない(゚∀゚) 数字の差ですよ^^;
カブの燃費が悪くなる原因って、①駆動系
【タイヤ】
空気圧やグリップの低下(ツルツル)
もちろん、タイヤ(ブロックタイヤ・オフロードタイヤ・太さ)などの違いや性能も

【ホイール】
ホイールのウェイトバランスやホイールのブレ(リムのフレ取り)

【スプロケット・チェーン】
チェーンが伸び切って ガチャガチャと異音
ドリブン・リアのスプロケットやドライブ・フロントのスプロケットが
減って、丸鋸のようにトギトギになっている場合、
アクセル ON-OFFやシフトチェンジで、レスポンスに無駄が出る。

ブレーキを引きずっている
論外ですが、意外と・・・・・・有る(^_^;)

②エンジン・点火系
プラグやオイルが交換時期を過ぎて、劣化
または、オイル粘度やプラグのタイプが不適正

③排気系
エアフィルター・マフラーのつまり

カブも1万キロ以上走ると、新車時の状態から、
徐々に、消耗、劣化 性能がダウンが進行し、
結果、
パワーダウンや燃費の悪化という結果に

なので、燃費が悪い=パワーダウン=各パーツやオイルの劣化

となるわけで、
燃費は、カブの健康の重要なバロメーター なんです。
カブノートに給油毎やメンテナンスの内容を記録
で、愛車JA10の燃費が悪い原因を突き止めるべき、

①の駆動系の違いJA10とJA07の差を検証 非常にスムーズなドライブフィール・燃費55kmの
1・スーパーカブ110JA07

そして、問題の
2・スーパーカブ110JA10

で、今回
ドリブン・リアのスプロケット35から34T
ドライブ・フロントスプロケット14Tから16T
チェーン 420D 100コマ に交換後の
3・スーパーカブ110JA10

カメラ前をウロウロとペンキ付きのきた…

私のカブ仲間でもC125購入者が続出(・∀・)

私のカブ仲間で、スーパーカブ110JA07JA10から・・・・そして

なんと新型スーパーカブ110JA44から
C125に乗り換えるモノ や 乗り換え予定の
謀反モノが続出(゚∀゚)
そんなに、イイのか?

恐るべしC125の魔力

気持ちは、充分にわかりますが^^;

マ新しいし、目立つし、カスタムするとことがナイほど、
メーカー純正のフルカスタム=保証は充分=ノーリスク(´・ω・`)

で、もって、往年のカブの代表各であるC100のオマージュ
って、きたら  飛びつくのも・・・・・・
本家メーカーがそれをやっちゃ〜(T_T) って感じデスが

お値段も、新型カブJA44を、ボアアップ、ディスク化、ドレスアップしたとしたら、・・・・ かなりお値打ちな お値段になるかと

デスが、カブが40万円なり
シナ製カブJA10のほぼ2倍(・∀・)
ただ、 色が選べないのが・・・・・・^^;
まっ、そのうち、バリエーションが出るハズ

私的には、カブって、そんなに注目を浴びて=目立って良いものかと?
風景や町に自然に溶け込み、何気なく当たり前のように存在する、
ステレス性 それこそが、カブの存在理由=メリットでは?

気軽に乗れて、雨の日も、台風の日でも、通勤に躊躇なく使え、

転倒やコケても、それほどの経済的・精神的なダメージもなく

でも、ナイと非常困る(T_T)

愛人って言うより、やはり 家庭の主婦って感じですかね?

つまり、主婦が愛人になっては・・・・・・・・・(´・ω・`)

旦那の趣味ですな・・・・・・・愛人って・・・・・・(´・ω・`)
うらまやし〜デス

愛人は、日陰者でこそ、存在理由=レゾンデートル かと


旦那に なれない、私的愚痴でした^^


でも、素直に
やっぱ、ほし〜Yo〜 スーパーカブC125
とりあえず、実物を見て、乗ってみた〜い デス

旧車となる角目カブ110 JA10に思うこと

新型カブの発売がせまって来ましたね。(11月10日発売予定)

でもって、改めて旧車となりますカブ110JA10についてググって見ました。
ネット上では、新型の評価として、
丸めの復活、国産化、熊本工場に復帰とか、
新型への賞賛の声が高いのですが、

それに比べ、JA10の発売がされた2012年の口コミをググって見ると

●角目がダサい、
●スクーターのようで、カブじゃない
●重くなったので✘
●フロントブレーキ コスト削減か?
●中華製なので、問題外
●メーターパネルがスカスカ

などなど、悪評が目につきます
(私が言ったのでは、ありませんよ(-_-)

スーパーカブ110JA10って 生産地が中国=目が角目ってだけで、本当に不遇なカブってな感じがするのは、私だけ?

国家であるチャイナの評価とともに
JA10は、中国製ってことだけで どんどん人気が落ちているような

しかし、新型の発売が近づくにつれ、JA10のことが気になり(中古価格、たま数)

で、近くのバイク屋さんに中古として並んであった JA10 をしげしげと眺めていると

『どや、このカブ? 今コレが最高モデルのカブやで』
って店主だと思われるおじさんの声(多分70歳すぎているかと)

う~ん 確かに

昨日、JA10ベースのタイカブに ちょっと試乗してみたのですが、フレーム剛性の高さは、体感的にJA07より上だと(実際にフレームの太さは太い)など、

このデザインも見慣れれば、それななりの良さも

今の私の愛車JA07の後継者、または2号さんとしての選択肢もあるかも^^;

密かに、新型カブが発売され、JA10が安くなるのを狙ってたりして(゚∀゚)

ほんでもって、どうしても角目がいやなら、丸目やクロスカブ風に整形(カスタマイズ)すればいんじゃないかと。
やっぱりカブは、カブですからね^^;

スーパーカブC125が納車ラッシュ(゚∀゚)

最近、スーパーカブC125の納車ラッシュのようで
買えない私は、指をくわえて・・・・・(T_T) すでに、カブが3台も あるので^^;
なんか、C125 って、魅力的ですよね〜(^.^)
カブの排気量の限界110ccを、ボアアップナシ メーカー仕様で 軽〜く オーバー(゚∀゚) 始めっからそうしろよ〜(*_*)
憧れの、チューブレス・ディスク・キャストホイール などなど、 ビジネスバイクとは、1味も2味も違う 貴族的な雰囲気と余裕が・・・・・ 設計コンセプトが始めっから ちがうのよね〜 新しさと懐かしさを融合させた革新的で独創的なコンセプトかと

ちょっと、雨の日や通勤に使うには、もったいないような・ω・ スーパーカブ中心生活さん からお借りしましたm(_ _)m https://blogs.yahoo.co.jp/cycle_tony/58577416.html
私も、この時期 1台しか購入できないのなら、 C125 で、決まりかも・ω・
40万円也^^;
いや〜参りましたm(_ _)m 耐久性やメンテナスも良いでしょうね やっぱ、カブだから(゚∀゚)
古いやつほど、新しいものを欲しがるのよね〜(*_*)

新型スーパーカブ110プロJA42の試乗インプレ

私の住む三重県津市あたりでは、未だ新型スーパーカブ110JA44やJA42、郵便カブのJA43MDでさえも見かけなのですが・・・・・ω・

ネット仲間で、実際に買ったのはスーパーカブ110プロJA42の一人だけ
イソキムチさんよりお借りしましたm(_ _)m そのインプレによると、

『チェーンの遊びを抑えるテンションのバーが、変わって暴れにくくなってるらしいです!

それにチェーン自体もグレードが良くなったらしいですよ!
(420から428に)

 ミッションは、入りにくいとか!は、全くありません!

まあJA10からの変更みたいですが!
(ピストンスカート部には、モリブデンコートを施し、シリンダーには四輪にも使われているスパイニースリーブを採用。摩擦抵抗を減らし長寿命を実現している)だって

JA10の前にJA10PROに一年7ヶ月ぼど、乗ってましてが!新型の全体的な滑らかさは、やはり素晴らしいです!

とのこと
イソキムチさん貴重なコメントありがとうm(_ _)m

話を聞いただけで、
うっ う〜ん、一度乗ってみた〜いよ〜

新車だから、なめらかなのか?新型だからなのか?

どちらにしろ、乗ったら、欲しくなってしまうのが

こわいよ〜

追伸

新型スーパーカブJA44の色は、ネットで見る限りバーベインデニムブルーメタリックを選択している人ばかりなのですが、

私的には、クラシカルホワイトをチョイスかも

新型クロスカブが発売とともに あらたに新色もプラスされるかも。
落ち着くまで(リコール等)もうちょっと様子見かな

とにかく、どんな色でもいいので、一度乗ってみたいよ〜

instagram今日の雲