スキップしてメイン コンテンツに移動

バイクブログへ

やっと三重県津市では、桜が満開に(^o^) スーパーカブ110でバイトの途中で

このところ春の嵐(*´ω`*)=暴風+どしゃ降り
でしたが、
昨日、やっと
虹が\(^o^)/

で、今日は、めちゃ忙しかったデス。
朝から、ガス検診のバイトへ

でも、
桜は、満開(^o^)
やっと、三重県 津市も^^;
そこら中〜
ら〜〜〜 桜♫  桜って
行くところ、行くところ、 桜だらけ

イチイチ、
止まって撮影するのも めんど〜〜に(*´ω`*)

違う種類の花=チューリップや水仙なども 満開なんですが^^;
やっぱ、今は、桜が 主役か(・∀・)


とにかく、晴れてよかったデス。

ついでに、
私的御用達の美里マンガ図書館
手塚治虫の名作 火の鳥
を借り

目標件数も達成\(^o^)/

でも〜〜
家に帰ると、
私のガレージは、
ジャンクヤードに(*´ω`*)

スーパーカブ110JA07プロのレストアが途中で頓挫
パーツが そこかしこに、散乱・ω・



まっ、あまり、深く考えずに
も〜〜飲んでますからm(_ _)m

ぼちぼちと、やっていきます^^;


 

 

コメント

スーパーカブad

ご愛読ありがとうm(_ _)m

このブログの人気の投稿

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

ヘルメットって、ホント難しい〜
って、
世田谷ベースの所さんも 言っておりました^^;

「結局気に入って使っているのは一個だけだもんね」 だって(・∀・)
参照 世田谷ベース 所さんのスーパーカブ


私も、マタマタ、新しいヘルメットが欲しくなった(*´ω`*)
なんせ、この👆ヘルメット 弟からのおサガリ^^; 30年前のビンテージモノ(・∀・) が、
スーパーカブに似合う? ヘルメットって?

コレが、意外に難し〜
なんでもイイ と言えば そうですが^^;


いまだ、3年間 このヘルメットだけ(*´ω`*)
ソロソロ、限界に・・・・・・・・

その前に、スペアーのヘルメットの購入を考えております。


基本
毎日、通常(通勤・ツーリング・ちょい乗り)
で、使うヘルメット


○軽さ
あまり、軽すぎて、大事なときに用を足さないのも・・・・☓

○お値段
1万〜2万
あまりお高いのは、・・・・・・・
気軽に使えないので

○ジェットヘル
乗りながらタバコを吸える
頭が蒸れそうなのも☓

○シールドの形態
できれば インナーがイイのですが、
耐久性が心配

シールドは、クリアー
夜や雨の日に見にくいので

○カラーリング
クラシカルな色
アイボリー・ベージュ・モスグリーンなど
しぶ〜い色がお好み

○スタイリング
頭デッカチになるのは、イヤ^^;
小顔タイプ
でも、頭が締め付けられるのは、☓

上記のこのような条件に当てはまるヘルメットが
ナカナカない(´・ω・`)

候補は、
アマゾン ほしいモノリスト ヘルメット部門に
リード工業 バイクヘルメット ジェット BARTON BC-10 アイボリー ネイビー フリー (頭囲 57cm~60cm未満) 👆 定番ですね^^; TT&CO. スーパーマグナム スモールジェットヘルメット  ナンカイ(NANKAI) ZEUS ジェットヘルメット(インナーバイザー装備) フォレストグリーン フリー NAZ201GR DAYTONA(デイトナ) Hattrick パイロットタイプヘルメット オージーケーカブト(OGK KABUTO)バイクヘルメット ジェット 👆 この辺が、無難なところか
思い切って フルフェイス(・∀・)
AGV(エージーブイ) ヘルメット
それも、カメ カエル? トカゲ? の顔 面白いけど、お値段が〜 (´・ω・`) TNK工業 スピードピット ZQ-8 ZACKジェッ…

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

最近、タイヤのネタばかりですが、^^;
タイヤって、じみ〜〜ですが、バイクにとっても、重要なパーツ
カスタムパーツとしての存在感は 大 デス。
で、


そもそも、
①『チューブレスタイヤとチューブタイヤってどう違うのか?

②『なぜ、カブにチューブレスタイヤは、履けないのか?

って、素朴=基本的な疑問が

まず、
②の疑問から
これは、ホイールが違うから^^;


画像参照 https://www.hd-parts.jp/custom_guide/sportster/wheel-ss/wheel04-ss/

カブのホイールは、基本スポークホイール
スポークを通す穴がホイール開いている
当然、チューブがなければ、その穴の隙間から 空気が漏れる

では、なぜ今どき、スクーターなどでは一般的なチューブレス対応ホイールでは
無いのか?

と、申しますと
スポークホイールの方が、悪路=オフロードに強い
なので、
今でもオフロードバイクは、スポークホイールが一般的
スポーク自体が、ホイールとともに、たわむ=伸び縮みして、
衝撃を吸収してくれる。

それと、
カブは、グローバルなビジネスバイク
タイ・中国・ベトナムなどを中心に全世界で使われている

まだまだ、舗装道路が完備していない場所も多い
パンクしても、自分で修理したり、町のバイク屋さんも、自転車と同じように、
修理できるチューブタイヤは、重宝

そのような理由から、
カブは、今でもチューブタイヤ+スポークホイールのスタイルを維持している
かと


どうしても、チューブレスタイヤを履きたいなら、
画像参照https://yokorin01.exblog.jp/27641813/ ホイールをチューブレス化=スポークの穴を裏から塞ぐ
か、
チューブレス対応のアルミホイールに交換するしか 方法が無い
以前、私もチューブレス化したことがあるのですが、
テープの経年劣化とともに、徐々に空気が抜ける症状が出始め、
小型の空気入れを携帯しないと、オチオチ通勤さえ、できないってな状態に(*´ω`*)
で、チューブに戻すって、経験が

当然、ホイールからチューブレス化すれば、
悪路での乗り心地は、悪くなるし、
パンク時の修理も チューブレスのパンク修理法となる。
タイヤのサイドが切れたり、大きなパンクには、対応できず、
タイヤ自体を交換するしか、無い


今やC125 のように、チューブ…

スーパーカブ110のタイヤサイズ・リム幅は、いくつがベストか?

カブのタイヤは、太いほうが イイのか?

細いほうが イイのか?
前後 違うのがイイのか?
自転車のロードレーサーでは、
細ければ、細いほうが スゴイ=イイ ってイメージ

逆に、バイクや車のドラックレースなどは、
太ければ、太いほうが スゴイ って感じ

タイヤってパーツは、バイクのメンテナンスの中でも、特に走行性に大きく影響を与える。

路面と直接摩擦するパーツなので、サイズを変えるだけでも走行性が格段に変化を体感できる。

特にスーパーカブというバイクは、車両自体が小さいですので、
タイヤを大きなものへ交換することで、その差は歴然に(・∀・)
スーパーカブには純正で推奨しているメーカー指定の製品がありますが、それ以外にも装着できるタイヤが数多くある。


現在の原付きスクーターなどは、
小回りやシート下の収納スペースを稼ぐためやに
タイヤのπは、小さめ 
なので、設置面を稼ぐため、太いタイヤが 主流のようですが、

基本
タイヤは、太ければ、太いほうが、
グリップ力が増え、重くなるため、
直進安定性は、よくなる ハズ

パワーをしっかり 路面を受け止めることができる。

逆に、パワーがないエンジンや人の脚力=自転車では、
タイヤは、太いと、パワーを奪われ、モッサリとして動きに

では、
カブの場合は、どうだろう?

自転車のような、カミソリタイヤでは、?

たぶん
細ければ、
グリップが少なくなる分、軽快感 が 増え ヒラヒラとコーナリングができるハズ


カブの鉄リムのサイズは、1.20・1.40・1.60 の3種類が ポピュラー

カブの50は、
前1.20 後1.40

カブ110JA07 は、
前1.40 後1.40 

カブ110JA10は、
前1.40 後1.60

コレを極端に
前1.20 リア1.20 にすると どうなるのか?

一度 試して みたい^^;
カブLABO で

まっ、正直言って、ノーマルが一番だと思うのですが^^;
デリバリー仕様のカブをボアアップ+ビックスロットル化して
パワーアップしているし、
基本 通勤やツーリングがカブの使用目的


そのために、
色々な 鉄リムを 試してみたくって、
これから、色々なサイズを コレクションをしようかと
スーパーカブ110 ホーイール・リム幅インチアップ計画


スーパーカブの良いところの一つとして、
それらの、ホイールやリム・タイヤを簡単に取り替え…

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

スーパーカブのプロ系
50cc の2BH-AA07プロ・2BH-AA06・クロスカブ
110ccの JA43MD・JA42・JA10プロ・JA07プロや
リトルカブは、
14インチタイヤ
その他のカブのほとんどは、17インチかと

なので、
最近丸山モータスで手に入れた
中古のスーパーカブ110JA07プロも、当然 14インチ

で、
レストアにあたって、まず、考えなければならないのが、
タイヤのチョイス
タイヤのパターン・太さ など、見た目のイメージに大きな違いが
つまり、タイヤのチョイスで、そのカスタムのコンセプトが 決まる(゚∀゚)

それが、
チューブタイヤで、14インチって・・・・・・・・
選択肢がナイ(*´ω`*)

17インチでさえ、少ないのに、
14インチは、更にナイ(T_T)
このサイズのタイヤになると、スクーターのチューブレスでも、少ない
要は、時代から取り残された、中途半端な大きさ?
ましては、チューブタイヤとなると・・・・・・
スポークホイール御用達ってことに^^;

てっなことで、
数少ないチューブタイヤで、14インチをリストアップしてみました。

あと〜〜〜
タイヤの太さ

スーパーカブの14インチは、
17インチに比べ、ワンサイズ太めのタイヤが標準装備のようで、
リムサイズは、14-1.60 インチ
なので、
スーパーカブ110JA07プロの場合タイヤは、
14−70/100 がフロント
14−80/100がリア

が取り付けられている。
最近のプロ系(JA43・42)には、
チェンシン=シナ製のタイヤが標準装備とのこと

ところで、
このタイヤサイズの70/100 とは? どんな単位なのか?
70は、タイヤ幅 
100は、扁平率 100%なので、横幅と高さは、同じ
なので、70mmの高さ

って、こと

で、
もう一つの表示が、
インチ表示
インチとミリが混同しやすい(*´ω`*)

1インチは、25.4mmなので、

14−2.50の場合は、タイヤ幅
2.50✕25.4=63.5mm

簡単に言うと、
スラッシュ=/があるミリ表示には、
扁平率の表記があるが、
インチ表示には、
ただ、タイヤ幅しか 表記がナイ
って、こと

と、言うことは、
スーパーカブ110JA07に関して、

プロのタイヤ幅は、
フロント
70/100 =タイヤ幅70mm≒2.75インチ=698.5mm
ほぼ…

ある意味 非常に危険な原付き2種 ヘイスト125とSACHS MadAss125

最近、スーパーカブ以外の原付き2種が気になって、イロイロと調べると

レアな原付き2種のなかで、ヘイスト125とSACHS MadAss125 ってのが候補に

ヘイスト125とは シンプルなアメリカンチョッパー
アメリカ オハイオ州北東部にあるクリーブランドサイクルワークスってところがデザインした そうで

先に登場したヘイスト250と共通のフレームに、限定で200台生産された、非常にレアな原付き。

シンプルな単気筒の125ccエンジンを搭載しているため、
とても原付きには、思えない ボリューム感

そして一番の特徴は・リジットフレームと呼ばれるサスペンション等のクッションが付いていない、

つまり、直接後輪がフレームについている
陸王や初期型モンキーのような、旧車に見られるリジットサス
そのため、1人乗り用のシート下に簡単なスプリングがありますが、気休め程度かと、

少しの段差でも、ポンポンとお尻が浮くようで、
乗り心地を望むべきもナシ

なので、かなりスパルタンな乗り心地・ω・

アメ車+製造中止 などを考慮すると、かなり、気合が入っていないと維持することは・・・・・
イロイロな意味で、非常に危険な原付きですな^^;

気になるお値段は、
発売当初は29万8000円。
2012年11月から台数200台限定で発売を開始し、

現在、中古相場は、在庫が有れば、結構、値がこなれているような
まっ そ〜でしょうな(´・ω・`)

やっぱ、日本人の体型には、ホンダ・ジャズやマグナムを90や125にボアアップして、自分好みに カスタムしたほうが現実的かと


もう一つ
SACHS MadAss125とは ザックス マダス って読むそうで^^;
マダス125はドイツのメーカーが作った、シナ製のバイク。
キットになって送られて、自分自身で組み立てなくてはいけない。

まっ、原寸大のプラモデル? って感じか

そこで、めんどくさ〜い ムリ〜って思う人は、当然スルーしたほうが良いかと
バイクの基礎構造に興味や作る楽しみを 感じる人でないと・・・・・・

シナ製にありがちな、ベアリングや電気系が弱い そうで、

一見モペットのような、
お手軽で、ちょっと変わった原付きのように思えるが(´・ω・`)
マニアでも、かなり手強い原付き2種では?
危険度も、ヘイスト125と同等かと

上記の2つの原付き2種ですが、
チョット調べて…

私流、カブの洗車とオイル交換②

洗車が終わったら、ついでにやりたいのがオイル交換(*^^*)

洗車後の水切りのために走り回ったので、エンジンも温まっているわけで、
そのまま、作業に入ります。
(オイル交換には、エンジンのウォームアップは絶対に必要デス。冷えたままでは、オイルを出しきれないので)

交換する私的オイルの種類については、オイルの考察

で ①用意するもの

廃油受けのトレイ(100均)トイレットペーパー一巻、ウエス、17mmメガネレンチ
ここでポイントは、廃油処理用に焼酎の紙パック1.8㍑(牛乳1㍑でも可かも)

②オイル排出
青いドレンボルトがオイル排出用ボルト👆
カブの進行方向に向かって右側についています。
(⚠左は、カムチェーン用のボルトですので絶対に開けないで)

トレイをドレンコックの下に置き、ボルトを反時計回りにレンチで回す
絶対に反対に回しちゃダメですよ(-_-) ねじ切ったり ボルトを舐めたりしますので
私の場合、『ひらがなで締まる』 って覚えています^^;
なので、開ける場合はの字の反対=反時計回りって感じデス。
特殊ネジ 逆ネジの場合は⚠
1000㌔の走行でも、けっこう汚れています^^;
マグネット付きのドレインボルトにもしっかり鉄粉が

(⚠あっ、それから私は素手でドレインボルトを触っていますが、オイルに直接触ると問題があるみたいだし、熱いし、手が汚れるので、気になる方はゴム手袋ではずしてくださいね)

オイルを出し切ったら
(私的は、ほぼ10分ぐらいか? その間各部の点検、ワックスがけなどをして)

③ドレインボルトを締める
オイル交換を毎回自分でやるつもりなら、目印(間違わないためにも)があると便利
マグネット付きがオススメ(そんな高いものでもないし、オイル交換が楽しくなるので)
最新モデルだとコレかな👇 ドレインパッキンは、両面を交互に2回ほどで使い捨て

私は、デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレンボルト用 M12を使っています。 ココで⚠ですが、絶対に締めすぎないことデス。 過去に締めすぎて、ドレンボルトを舐めたり、ねじ切ったり(特にアルミのボルトは⚠)して、はずれなくなり、オイルパンを交換するといった重症修理になるので^^;
トルクレンチがある人は、24N・m(2.4kgf・m)カブ110サービスマニュアルより 
詳しくは、ドレインボルトねじ切…

『フロントフォークのオーバーホール』ダストシール オイルシール オイル交換(スーパーカブ110JA07)①

スーパーカブ110JA07のレストアで、洗浄や磨きは、ひとまず置いて、
とりあえず、簡単にできることからっ てことで、

今日は、フロントフォークのオーバーホールを
(オイル・ダストシール・オイルシールの交換)
着脱は、全バラで状態になっているので割愛デス^^;

まずは、パーツリストやサービスマニュアルをよ〜く見て(p_-)
とりあえず、オイル漏れしたフロントフォークを磨く
特に左側はシールの劣化のためか、オイルが固着しまくり^^;

なので、ガソリンとパーツクリーナーで洗浄

①ストッパリングを外す
この凹んだ中央を+ドライバーで押し込むと ストッパリングが見える
それを精密ドライバーのマイナスで、コジ上げる

一人では、押し込むのは結構力がいるので 押し込む人とコジ上げる人の二人でやると簡単デス。
(私的に妻にストッパリングコジ上げる担当に^^;)
ブツブツイイながらも、結構、器用にやっていただきましたm(__)m
(プロは、専用工具でやるそうですが^^;)
で、とれたのが、リングとスプリングシート 
できれば0リングも交換したらベスト(今回は、そのまま流用)

スプリングが飛び出し、ストッパリングがドコか飛んでかないように、慎重に外します

②ソケットボルトを外す
6mmの六角レンチで外れるはずなのですが、
コレが 外れない(´・ω・`)

プラスティックハンマーで叩いても ダメ
ネジロックっていうネジを固着する瞬間接着剤のようなものがネジに塗布されているため、
で、前回 バーエンドをはずすときには、ネジロックされているボルト外しには、バーナーで焼くってことを思い出し

バーナートーチで炙ってみる
で、インパクトドライバー6mm六角ではずしてみるが ダメ

これ以上やると、六角をなめてしまいそうで、一時中断

で、

私のスーパーカブの主治医である丸山モータースに泣きつく^^;
大型バイスにフォークをハサミ、大型ハンマーで叩く

一発(゚∀゚) でした。
(こんな大型バイスや大型ハンマーなんで私的に常備できませんデス^^;)

固着しすぎですぞ〜
6万5千キロ一回もフォークのオーバーホールしていないのか(゚∀゚)

やっとソケットボルトも外れたことだし、
コイルの長さを確認、(スプリング長さ306.8mm 以上アレば良い)

③オイルシールを外す コレが最後の難関

マイナスドライバーでこじっても拉致が…

フューエルパイプの簡単な外し方(゚∀゚)の考察スーパーカブ110JA07

フューエルパイプなんぞ、

一般的には、手軽に外す(゚∀゚)
てなことは、ほとんど無いとは、思いますが^^;

フルレストア(エンジンを載せ替え)する場合や、タンク、スロットル、燃料ポンプなどを交換する場合には、避けて取れないハズ

ご多分に漏れず、私的にも この面倒くさい作法を習得しなければ、先には進めないってことで、

この際、徹底的(p_-)に考察してみました。

最近の工業製品(iPhoneなどの精密機器や家電製品)は、組み立てるのは、簡単だが、バラしてパーツ交換するには、ほんとうに面倒くさい(バッテリー交換でさえ)手間がかかる、
または、できない、できてもアッセンブリー一式交換 って傾向になっているようで、

修理するより、買い替えたほうが安い ってなことで、

リサイクルやエコとは、真反対な方向へ言っているのでは?
と疑ってしまうほど、

一昔前だったら、燃料パイプは、すべてΩ型の針金?ホースバンド?ホースクリップで
締まっていましたら
参考として
スーパーカブ50の改善対策でフューエルポンプ
http://ride-kobe.com/blog/?cat=5

と 手持ちのサービスマニュアルとパーツリスト

で、結局 ポイントとしては、 [1]のジョイントラバーって言う名前の黒い耳のようなゴムパッキンを 徹底的に引っ張りながら、ミドリ[3]の両側をシッカリ押さえ込む この[3]の圧力は、サービスマニュアルでは、道具を使わないことって注意書きがありますが、 私的には、道具を使わないとムリ(゚∀゚)ペンチを使って両側を挟み込み [4]を真っ直ぐに抜き取る コレしか方法は今のところ見つかりませんでした^^; (もっといい方法があれば教えて下さいm(__)m
おかげで、ミドリのパーツ(リテーナ)210円はボロボロ また注文するしかないか・・・・・ ついでに、ジョイントラバー220円も注文ですね(T_T)

新型ハンターカブCT125の自転車用リアキャリアが気になる(p_-)

発売から、ほぼ半月程経って、
ボチボチ、実写のインプレがSNSネ上でも、にぎわい始め、
カスタムメーカー限定バージョンもアリの

新型ハンターカブCT125 ですが^^;

私的カブ仲間にも

なんと、早くもC125 を下取りに出して
ゲットしたそうで(゚∀゚)

たまりきれず、梅雨の晴れ間に
いや〜〜〜 決まってますな〜〜〜〜
やっぱ、ハンターカブ+アウトドア+釣り+キャンプって、
絵になりスギ(゚∀゚)
うらやまし〜〜〜 限りデス(*´ω`*)


カタログ掲載のイメージと遜色なし
生活感が微塵もナシ・ω・




私の愛車 スーパーカブたちでは、
こうは、なりませんm(_ _)m


ところで、
気になったのが(p_-)
リアキャリア
ゴツく、容量もタップリな感じ
だが、
空荷にでも、ハンターカブのシルエットに影響が無いシンプルなデザイン

質実剛健だが、さりげないオシャレ感が・・・・・・
なかなかのセンス(^^)

気になって、オーナーにお尋ねしたら、

自転車用のリアキャリア バスケットだそうで、
asahi アサヒ 88(ハチハチ) パパチャリ用 サイクルアルミコンテナ シルバー底板
これは、新型ハンターカブだけでなく、旧車?CT110にも 似合いそうなリアキャリアですゾ


これから、ハンターカブのオーナーになる方にも、是非、ご参考に
カブのリアキャリアの選択って、意外にに大変なのよね〜〜〜〜^^;

軽さ・耐久性・利便性・ファッション性?=見てくれや もちろんお値段も・・・・
すべてのバランスと妥協が必要なんで^^;





で、
その日の釣りの収穫は、
大物?? 
の雷魚だそうで^^;




画像協力
イソキムチさん
https://mixi.jp/show_friend.pl?id=7021764

参照
ホンダ「CT125ハンターカブ」特別仕様車2車種を公開 各125台限定で販売
https://news.yahoo.co.jp/articles/aab72761df4067945a820a1af66f1d7a1c2399ae

追伸
オーナー曰く、
このカゴは、大きいのに、意外にスリムで、アルミなので凄く軽いです。
 ただし、
この製品 メーカーが取り付けネジを小袋に入れて梱包してあるのですが、
止めが弱く 箱の中でバラバラでした!!
 まあ私は使わなかったので良いのですが!、他の方のレビューにも同じコメントありま…

スーパーカブ110JA07 林道仕様に レッグシールドカット計画

この👇レッグシールドをカットしようかと 愛車2号さんスーパーカブ110JA07は、
現在 エンジンとフレームのみ
コレをシンプル・レトロモダンのコンセプトで カスタム計画中
基本的なカスタム箇所は、先日掲載済み

ビジュアル的に、一番の問題は、
レッグシールドを どうするか?
カットするのか? そのままでいくのか

カブのレッグシールドは、カブのアイデンディーでもあり、
悩むところ

ですが、あえて、そこにメスを

と、申しますのも、
ツーリング仕様+オールマイティー(タンデムも可能)な1号さんJA07

通勤仕様に特化した 3号さん JA10
とは、違った趣向に

と、考えたスエ

2号さんJA07は、プチツーリング+林道仕様にカスタマイズしようかと
本格的なオフロードや林道仕様にすると、
ソロツーリングだと、ちょっと不安+危険 
つまり、無事に帰って来れなくなりそう(T_T)

なので、ホドホドの なんちゃって林道仕様にトドメるのが無難

その一番のキモが
レッグシールドのカット

ネットで調べると、
イロイロな レッグシールドのカット方法が、

今や製造中止のなった
ホンダ純正オプション・カラーレッグカバースリム 社外品のものや 自作で、思い切って カットしたモノやら
新型クロスカブ110JA45を流用 したものなど

やはり、レッグシールドをカットすると、

大幅=手軽に、カブのイメージが変わります

林道までのアプローチまでは、
自然豊かな=田舎の三重県といえども(*´ω`*)
オンロードがほとんど

なので、タイヤも
TIMSUN (ティムソン) TS808 2.75-17 4PR WT バイク チューブタイヤ 前後共通 1本 JIS規格 日本工業規格品
のような、バリバリのブロックタイヤは、チョット却下
現在の新型クロスカブに純正で着装されている

IRC クロスカブ110 オンロードタイヤ GP5 80/90-17 44P WT 
のような、オンロードのような? マルチパーパス的なタイヤをチョイスしようかと

タイヤ選びも なかなか難しい〜
通勤などのオンロードは、ミシュランM35 で決定なんですが、
オフロード・マルチパーパスなタイヤ となると・・・・・・??

てな感じで、
愛車2号さんスーパーカブ110JA07は、ワイルド+レジャーバイクとしての雰囲気を
醸し出すことができれば、成功かと^^;

instagram今日の雲

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

ad