スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

今私の愛車スーパーカブ110JA07に付けているのは、シングルシートとピリオンシート

ウィッキペディア引用
オートバイ用のシートには、1つのシートに1人の乗員が着座するものと、1つのシートに2人の乗員が着座できるものの2種類に大別できる。一人乗り専用の物は「シングルシート」「ソロシート」と呼ばれ、二人乗りが可能なものは「ダブルシート」「ロングシート」と呼ばれる。また、同乗者のみが着席する後席については、「タンデムシート」「ピリオンシート」「パッセンジャーシート」などの呼称もある。前席と後席でシートが個別になっている場合、単純に「フロントシート」・「リアシート」と呼ぶ場合もある

ピリオンシートは、別名サドルシートとも言われ、シングルシートを補助的にタンデム(2人乗り)にするためのもの。
ちなみに、ピリオンの語源は「ピリン(小さいクッション)」という意味のアイルランド語。ピリンという形容詞がピリオンという名詞になったのでは?との説が(-_-;) 

なので、簡単に外し荷台にすることができる。

が、 今まで、3年間で一度もそんなことをしたことはナイ・ω・
それに比べ、タンデム(2人乗り)は、息子の稽古ごとや一緒のツーリングなどに何度も使用している。

今回依頼の6万5千キロのJA07のレストアとカスタムにあたり、そのような事情から、思い切って ダブルシートに交換しようかと
で 色に合わせて(現在は、コスターブルーですが、プコブルーや世田谷ベースカラーやベージュなどの パステル調の淡い オシャレな(^_^;)色にする予定)

それに合わせて、シートの色も 黒から 茶色にチャレンジしようかと^^;

スーパーカブ110JA07のダブルシートの選択として

○ホンダ純正
2012年に製造中止のスーパーカブ110JA07は、当然ですが、新品の在庫は無いらしく、中古かデットストックに頼るしかない
ホンダのホームページでシートで検索しても、
最新のシートの それもカバーしか乗っていなかった
http://www.honda.co.jp/bike-accessories/SUPERCUB-PRO/seatcover/index.html

なので、価格コムか楽天、ヤフオクでさがすしか手がないような(^_^;)

○キジマKIJIMA

私的には、キジマっていえばカブのカスタムシートってイメージですが
http://www.tk-kijima.co.jp/custom_cub110.htm
現在は、JA07につくのは、コレしかないような
後は、中古かデットストックしかない
新品だとヤフオクにあったが、3万前後とお高い(・∀・)


キジマの前身不二屋ゴム商会を創設。
東京都北区王子の賃貸倉庫において、二輪車用ゴム部品や家具の足ゴム等の卸売りを開始。
1960-4 北区東田端に移転と共に、社名を東洋ゴム商会に改名。
1962-7 東京都荒川区西日暮里に土地を購入。家屋兼社屋として移転。
自動車や二輪車用泥よけや足マットを中心としたラバー製品を販売。

○東京堂

私的には、カブのカスタムサスペンションで有名なような?


http://www.tokyodo.com/
当サイトは一時的に縮小対応致しております。 
ご迷惑をおかけ致しますが今しばらく
お待ち頂く様お願い申し上げます
とのこと(^_^;)

JA10 クロスカブ用だと
こんなのもあったよ👆

○完全オリジナル 

ボロボロのシートをヤフオク落札、シート張替え業者に張り替えてもらうか?
自分でシートをはるか?

名古屋市のシート張替え マルナオさん
http://www.marunao.co.jp/bike/shop/

張替えのご参考に👇

で、結論として、

キジマか東京堂か、の2択
双方大体1万前後 悩むところです(^_^;)

スーパーカブ110JA07のオプションカタログにも載っていたと言われている純正仕様の、今や製造中止のキジマのロングWシートが気になるのですが〜

ヤフオクで、高値更新で アキラメましたデス(*_*)

あと、リアキャリアも必要なので、
これは、東京堂 リアキャリアの一択でポチィっと
スーパーカブ110JA076万5千キロの依頼主に了解済みとは、いえ
ドンドン予算が加算で行くのですが〜^^;
だいじょうぶか〜な(*_*)

コメント

このブログの人気の投稿

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる