スーパーカブのIDアイデンティティ=カブがカブたらしめるモノとは?

スーパーカブのID・アイデンティティー=自己同一性とは?

つまり、カブがカブである証明・条件・存在理由とは?
カブのカブで在るべき姿とは?

スーパーカブの設計思想=基本コンセプト

①横置きエンジン
当然、横置きなので、低重心 
それに、エンジン上のスペースが開くので、フレームが下がり、レッグシールドが付けられ
またぐのが、楽

②スポークホイール+ドラムブレーキ
悪路でも、フレームとともに、振動や衝撃を受け止める
オフロードバイク以外で、スポーク+ドラムっていうのも、カブだけかも
貴重な存在ですゾ〜

③キック
バッテリー上がりも、心配なし=キャブ車だったら、バッテリーナシでも(・∀・)
発展途上国では、必須
でも、私的に ほとんど使ったことが・・・・・・(-.-;)

④遠心クラッチ シーソー式自動
これは、最も大事かと
片手で おかもちや郵便配達が出来る。
ウィンカーのレイアウトで、現在プロやMDのみだが、

今や、車は、ATが当たり前
スクーターや大型バイクでさえ、

クラッチ操作が必須のカブって・・・・・・・?
でも、これがイイんですよね〜〜〜
非力なエンジンを自分でコントロールしている=
人馬一体感覚が

⑤フットブレーキ
カブとスクーターの違いは、コレ👆

⑥レッグシールド
カブが二輪自動車はもとより 自動車業界としても、その乗り物自体の形状が
立体商標登録されるのは日本で初めてであり、
工業製品全般としても極めて珍しい事例
https://www.honda.co.jp/news/2014/c140526.html
だとか

その
デザインコンセプトの中枢が
このレッグシールドの存在
では ないかと

レッグシールドを外したり、削ったりするカスタムもありますが、
雨や冷たい風を足元から守る=疲労が少ない ってことは、
カブをお仕事=ビジネス・デリバリーなどに使う人にとっては、
絶対に、外せないパーツ

あとは、
メンテナンスのしやすさ



途上国や 地方の自転車屋のオヤジでも、
パンクやエンジントラブルなどに、対応できる 守備範囲の広さ
変わらぬ基本構造=デザインコンセプト

これらが満たされなかったらカブではない と(^_^;)

このバイクほど、オールマイティーで、万人受けするバイクも見当たらない。
パワーでもスピードでもなく、ただ走っていること、移動する手段として、
それ自体を純粋に楽しみ、自分流に使い倒すことができる。

そんなバイクが あってもいいと思わせる
それが、世界のスーパーカブ なのでは?
カブよ 永遠なれ\(^o^)/
自分で書いて て、テンション上がりすぎ^^;

スーパーカブは、なぜ売れる 












このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる