スーパーカブと軍用ジープ・実用車の変わらない魅力

昨日、ホームセンターに買い物にいったら、
ジープ ウィルス

このイカツイ・ブコツ・ヘビーデューティー な出で立ち
存在感が すごい
多分 エアコン・AT・パワステ・当然 パワーウィンドウ なんて、
無し・ω・
この質実剛健的な 潔さが、イイ(゚∀゚)
ホロ仕様がさらに・・・・・

このレトロな、
でもって、新しくも、感じる

新型ジムニー シエラと ほとんど変わらないサイズ

以前私も、このブコツなテイストが好きで、
ジムニーSJ10を所有していました

このテイストは、ビジネスバイクの定番
スーパーカブと一脈通じるものが・・・・・・・

ジープにしても、カブにしても、
目的のために、徹した 必然的 機能美

なんか、
ホレ惚れします^^;
General Purpose(万能)ジー・プ
との説が

フォード・GPW。第二次世界大戦中に大量生産された標準的なジープ。製造メーカーの異なるウィリス・MBとは細部に異なる部分はあるが、部品に互換性があり形態・構造ともにほぼ同一であった

第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請により開発着手され、翌1941年から実戦投入開始された小型四輪駆動車がその元祖である。第二次大戦において連合国軍の軍用車両として広く運用され、高い耐久性と悪路における優れた走行性能で軍事戦略上でも多大な成果を挙げた。アメリカ軍欧州戦域総司令官を務めたドワイト・D・アイゼンハワーは、“第二次世界大戦を勝利に導いた兵器”として、「原子爆弾」「C-47輸送機」「バズーカ」、そしてジープを挙げている。

その高性能は小型四輪駆動車の有用性を世界各国で広く認知させ、第二次大戦後に軍用・民生用を問わず同種の四輪駆動車が世界的に普及する端緒となり、「ジープ」は単なるブランドに留まらず、その優れた設計と名声から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となった。

Jeepという名称の由来には諸説ある。General Purpose(万能)、もしくはGovernment-use(政府用)のGとホイールベース 80インチの車両を表す識別符号のPからきた符号GPから"ジープ"と命名されたという説や、漫画『ポパイ』に登場するほとんど何でもできる奇妙な動物「ユージン・ザ・ジープ」からとったという説がある[1]。明確な起源は判然としないが、すでに1941年にはこの通称が用いられ始めていた記録がある。

ジープの名称は自然発生的なものであったが、第二次大戦後、製造メーカーのウィリス・オーバーランド社によって商標登録された。その後は製造メーカーの合併や買収などで商標権は転々とし、2015年時点ではFCA US LLCの保有するブランドとなっている。第二次大戦型のオリジナル・ジープからデザインモチーフなどを引用したのみの現行モデルに至るまでその名称は継承されている。

Wikipedia参照


三菱 ジープ
日本では新三菱重工業(後に分社して三菱自動車工業)がウィリス社のジープ(CJ-3A、すぐにCJ-3Bに切り替わる)のノックダウン生産を1953年より始めた。この三菱・ジープは陸上自衛隊の採用中止に伴い、1998年に生産終了となった。

ノックダウン生産とライセンス生産との違いは?
ノックダウン生産とは、
製品を構成するすべての部品を外国(製品を生産・販売している国の企業)から輸入し、部品を組み立て製品を完成させ、その現地もしくは周辺国で販売する方式

ライセンス生産とは、
製品を開発・製造している企業から「製品を製造するために必要な技術」「ノウハウ」「ブランド」「ロゴ」を、別の企業が許可を得て「ライセンス料」「技術の使用料」「ブランド使用料」「ロイヤリティ」を支払い、同じ仕様の製品を生産する方式

ノックダウン生産のように部品を輸入して組み立てるわけではなく、現地企業の生産設備、技術力が伴わないと利用が難しい生産方式です。

う〜〜ん、
ということは、?
最新鋭 ステレス戦闘機 F35は、
ノックダウンでもなく、ライセンス生産でもない
一部国産生産+組み立て? 

って感じで、なんか びみょう〜(-_-;) 

で、
カブも現在 世界中(タイ・ベトナム・シナ?)で、
ノックダウン生産orライセンス生産? 現地ホンダ工場で生産
など、
グローバルなバイク

やっぱり、実用に徹しているカブは、
シンプル&普遍のデザイン=美しい=魅力的
デスわな^^;

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる