新型クロスカブの考察

前回、新型クロスカブについては、当ブログの
新型クロスカブが気になる👇
http://cub.mutyaku.com/2017/10/blog-post_90.html
で、去年の10月4日にアップいたしましたが、

早今年、2月23日に正式発売が決まったことで、

まずは、おさらいとして

●ハンターカブ


ハンターカブとは、ウィッキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBCT110
低床バックボーンフレームを採用するスーパーカブをベースにして
レッグシールドを除去
さらに装備品を変更し
デュアルパーパス(多目的)特化?・ω・

させたハンターカブの通称を持つCTシリーズの1車種である。

車体型式 JD01
エンジン JD01E型 105cm3 4ストローク
空冷2バルブSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.0mm x 49.0mm / 8.5:1
最高出力 7.6ps/7,500rpm
最大トルク 0.85kg-m/6,000rpm
乾燥重量 - / (87)kg
車両重量 92kg / (91.1)kg
とのこと

現在、正式な新車販売は、されていませんが、ヤフオクなどの相場を見ると、
オーストラリア・国内・6V・12Vなど様々な仕様があり、
現状維持で即使用可能なものなら、やはり30万以上は必要かと。
レストアベースなら、ピンきりですが^^;
(フレームだけでもお高い(*´ω`*)

●現クロスカブ


通称名 クロスカブ
車名・型式 ホンダ・EBJ-JA10
全長×全幅×全高(mm) 1,945×815×1,150
軸距(mm) 1,225
最低地上高(mm) 155
シート高(mm) 784
車両重量(kg) 105
乗車定員(人) 1
燃料消費率(km/L)

やはり気になるのは、中古相場 ヤフオクやオークファンなどを調べると
まだまだ、現役なので、相場の変動は、少なく
20万以上は、覚悟しておく必要が・・・・・
早く値が・・・・・・・落ち

●新型クロスカブ

発売は、2月23日 事前予約受け付け中とのこと
価格は、33万4800円

正式型式名称やスペック等は、ネット上の検索では・・・・・
もし、乗っているようなら誰か 教えてm(_ _)m

ディテールや仕様は、すでに語り尽くされて、今更なので^^;

私的インプレとして、
カブのアイデンティティーの一つであるレッグシールドを外したことが 大きいかと。
(あれは、雨や風の強い日などには、なにげにスゴイ効果なんですが^^;

と、いうことは、今回の新型クロスカブは、よりハンターカブに近づいて来た
(ホンダさんもJA10のフレームから うまくまとめて来たと思います)
えらそ〜でm(__)m

つまり、お仕事や通勤に使うことより、レジャーやオフロード仕様によりシフトして来たってことか?

なので、元祖ハンターカブに手を出すには、チョット敷居が高いと思われている方には、ベストなチョイスかも(^_^)

現行のクロスカブでは、すこし中途半端
(まだビジネスバイクとしてのカブっぽさが残っている)

しかし、
今回の新型クロスカブは、その部分を潔く脱ぎ去って、
まさに、ハンターカブの復刻版としてのテイストをより明確にしている

つまり、今回の新型クロスカブは、新型C125 のように、

ハンターカブの正式(メーカー仕様)な復刻版としてのポジションでは(-_-)

ならば、
元祖ハンターカブを今風にレストアするか?
ハンターカブのフレームにJA10のエンジンを載せる(*´ω`*)

現行クロスカブが値落ちするのを待って、
よりハンターカブ風にカスタムするか?
(新型クロスカブのパーツが流用できるハズ)
(ナンセ、フレームは、基本的に同じなんですからね)

いっそ、新型を素直に買うか?

悩むところですな〜・ω・
(どちらにしても、コストが〜(T_T)
どの選択でも30万は覚悟か(*_*)
それに、通勤にはもったいなくって・・・・

コメント

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

次は、新型クロスカブが気になる

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察