カブ EV化でエンジンが消える?

NHKのビジネス特集で『EVでエンジンが消える? 苦悩する社長たち』てな、記事を読んで

私も、前回ブログで 電動カブ EV-CUB(イーブイ・カブ)と内燃機関の将来をアップしましたが、
2015年3月25日日本製電動オートバイ『zecOO(ゼクー)』

エンジンやその周辺パーツを供給している大手メーカーの下請け会社は、その将来に対して、本当に切実なんだと実感した次第です。


その取材先の下請け会社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資家向けに発表したリポートによれば、

EVシフトが進むと受注が3割減少する可能性があり、先行きが厳しいメーカーの1つと名指しされたのです。

その下請けの社長は、もともとホンダのエンジニアで乗用車の開発をしてきたそうで、

大学生のころ、大ヒットしていた初代シビックに憧れホンダに就職。
アメリカの大型V8エンジンの音だけを録音したレコード鑑賞が楽しみだったというほどの“エンジン好き”でした。とのこと。

それが、今や世界的なEVの大きな潮流に流されようとしているのです。
ヨーロッパでは、7月にイギリス・フランス政府が2040年を目標にガソリン車やディーゼル車の販売を禁止することを相次いで発表。予想を超えるEVシフトが加速している)

そして、その社長の決断とは、

『先に進んでみないとわかりませんが、来るときはパッとくる。最後は電気自動車になるんでしょう』と

もしかして、最近発表された、新型カブが最後の内燃機関搭載のモデルってことも(゚∀゚)
もちろん、エンジンが完全には、なくならないとは、思いますが、

時計のムーブメント、書籍や雑誌の印刷原稿、写真、レコード(音声記録媒体)ベーターマックス? などなどのアナログ製品とともに、
主力の座を譲ることになるのでは?
1930年代 ハーレーのエンジン
これが
       コレに(T_T)         

うっ、う〜ん
 
やっぱり、時代の流れには、逆らえないってことか?(T_T)

もしかしたら、オプションで、ハーレーやマルチエンジンの音や振動が出るスピーカーが選べたりして(゚∀゚)

コメント

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる