ホンダ 超高級スクーター「ジュノオ号」(1954年)って知ってます?

世界初のポリエステル樹脂(FRP)によるボディ、

二輪車では類を見ないセルモーターや方向指示器の採用、

4サイクル 水平対向2気筒 169cc OHV

さらには雨の日の乗車を考えた折りたたみ式の大型風防など数多くのアイデアが盛り込まれた意欲作



当時のチラシ

ホンダさんも、世界一・初めて が好きね〜〜〜^^;


ですが(*´ω`*)

ご察しのとおり、フルカウル フルキャノピーのスクターなので、

重くって、走らなくって、お高くって(・∀・)

当時で16.9万円

今なら、多分100 万以上の感じかと

なので、

とても・・・・・・・・・

庶民の手に負える モノでは・・・・・・・

1950年代って言えば、日本の高度成長が始まったばかり、

豊かになりつつあるとは、いえ 

まだまだ その当時の日本の庶民は、びんぼ〜〜(*´ω`*)

なので、

総販売台数5880台で生産を終了(*´ω`*)

逆に、あの当時1950年代で、6千台近くも売れたことのほうが(゚∀゚)


この超高級スクーターの販売不振を救ったのが、

その当時売れまくっていた

スーパーカブF バタバタ

やスーパカブC100

やっぱり、スーパーカブあっての ホンダさんなんですよね〜〜^^;


ホンダ スクーターへの挑戦

https://www.honda.co.jp/factbook/motor/technology/200909/P02.pdf

昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?

https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/j12.htm/

コメント

このブログの人気の投稿

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブの寿命は?

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

次は、新型クロスカブが気になる