スーパーカブ110 オイル交換に必需品 ドレンボルトの考察

スーパーカブのエンジンのドレインボルトって、
上がスチール ノーマルドレン 下がアルミドレンボルト

サービスマニュアル参照画像

実は
なんでもイイ・ω・
純正で充分

ですが、

ドレインボルトの役目は、
オイル交換のときの、オイル抜き(オイルパン)のフタ?栓・ω・

ですが、
カブのオイルは、劣化しやすい

シビアーコンディション=過酷な条件で使われるエンジンオイルが、
たったの1リッター以下しか 入っていない。

なので、

カブのオイル管理は、ひじょ〜に大事かと
年間3万㌔を軽くクリアーする郵便カブや新聞配達のカブなど

長く乗る(10万㌔以上)ほど、オイル管理の違いは、エンジンの耐久性に違いに


その、めんどくさい、オイル交換
少しでも、やりやすく、楽しくするための アイテム

それが
ドレンボルト

ちなみに、
我が愛車スーパーカブ110達には、
3台とも、それぞれ、
アルミのカスタムドレンボルトを装着

スーパーカブ110JA07=カブGTS 通称ツーリングカブには、
 
SP武川 ドレンボルト M12X1.5 レッド アルミ バイク オートバイ 02-09-0005


スーパーカブ110JA10=カブTKK 通称 通勤カブには、
 
キタコ(KITACO) バイク用オイルドレンボルト D-1 772-0500000

スーパーカブ110JA07=カブLABO 通称 実験カブには、
 
強力マグネット付きドレンボルト レッド M12サイズ P1.5 アルミ製で軽量 ネオジム永久磁石 走行会対応ワイヤリング穴あけ加工済み

3つとも、すべてマグネット付き
少しでも、スラッジが吸い寄せられれば^^;

一番のメリットは、
ファッション性(*´ω`*)

エンジンの裏?底 なんて、
オイル交換時しか、日の目をみることが
ナイ・ω・

それを、あえて 派手なカラーリングで、アルミの質感

人の目に触れないところに気を使うこと 
それが、
オシャレ=自己満だと(´・ω・`)


カブを自分でカスタムしたりメンテしたりする人の
まずは、登竜門として、

この
ドレンボルトの交換 は、
オススメです。

⚠ボルトサイズだけは、お間違いのないように^^;

スーパーカブ110JA10E JA07Eの場合は、
ボルトサイズはM12ピッチPは1.5になります

違うピッチでムリにねじ込むと・・・・・・・
最悪、オイルパン交換(T_T) てなことにも

くれぐれも、力まかせに、ねじ込むのは、
素材が アルミなので、
すぐにねじ切れます(*´ω`*)

気分は、オイルが漏れなければ良い=止まっていればイイ
ぐらいの感じの締め方で充分かと

エンジン始動する前に、下の道路を見る(p_-)習慣をつければ、
オイル漏れは、防げるかと

もし漏れていれば、また少し締め直せばイイのですから^^;



実際、私も、最初にカブのオイル交換をした時、
ドキドキ ワクワクしながら 交換したモノです・・・・シミジミ(*´∀`*)


追伸
逆に、往年のカブ主の方々は、
こんなチャラ臭いパーツなんぞ、(´ε` )

純正の鉄=スチールボルトが、一番
だと、思っているかと^^;

それは、そうなんですが、・・・・・
やっぱり、自分だけのカブ=自己満 も
大切かと

このブログの人気の投稿

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

スーパーカブの寿命は?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

次は、新型クロスカブが気になる