スーパーカブ110エンジン号機 JA07EとJA10Eの違い とは?

スーパーカブ110JA07とJA10のエンジンをオーバーホールして、
気になることは、?
そのエンジンの
各パーツの違い
共通に使えるパーツは、あるのか?
流用が可能か? ってこと

つまり、パーツの使いまわしができるのか?
ってことです^^;

基本、両者のエンジンは、同じ 
なんですが、

みょ〜に、違う(-_-;)

カムチェーン/テンショナー
の部分では、
カムスプロケットだけは、共通化は、ムリ
JA10Eのカムスプロケットは、JA07のように、
2本のボルトで締める方法ではなく、一本と
ずれないように、スプロケット自体に加工が
多分、作業工程を簡略化するため かと

他、
ガイドローラー・カムチェーンプッシュロッド・カムチェーンガイドなどは、
スーパーカブ110JA07とJA10のカムチェーンガイドローラーは、
形状も大きさも全く同じ
👆
裏面が全くすり減って、いる(・∀・)
5万4千キロ走行のスーパーカブ110JA10のカムチェーンガイドローラー

なので、共有が可能かと

で、
一番 気になった違いは、
ピストン

左がJA07 右がJA10Eの 裏表
左がJA10E 右がJA07Eのピストン横面
👆
JA10のピストンには、3本の溝が彫り込んでいる(゚∀゚)
ピストンの直径=πは、当然おなじ

なので、
ピストンピンやピストンピンクリップなどは、共有が可能かと
実際に、入れ替えましたデス

材質や、表面加工の違いなどは、あるが、
一番気になったのは、

JA10Eの
一番下のピストンリング=オイルリングの下
ピストン自体に溝が3本 刻まれている(・∀・)

たぶん、この溝は、オイルを効率よくかき上げるための改良かと
なので、JA07Eのエンジンオーバーホール時に、
ピストンをまるごと交換するのなら、
JA10Eにしてみるのも、イイかも

うっ〜っむ
組み立て加工の効率化や
エンジンの耐久性アップのために、
細かい、工夫がされている

いや〜 なかなか、勉強になりますデス。

スーパーカブ 恐るべし、
だてに、60年・1億台も生産され 改良され続けているのですね〜m(_ _)m
いや〜 なかなか、勉強になりますデス。

このブログの人気の投稿

カブ専用ヘルメットの考察

スーパーカブ110JA07 ダブルシートの考察

スーパーカブ110 燃費が悪くなる原因

カブにチューブレスタイヤは履けるのか?

スーパーカブの寿命は?

新型スーパーカブC125の発売日決定 で、お値段が(゚∀゚)

ヘルメット選びは難しい(*´ω`*) 私的スーパーカブに似合うヘルメットの考察

スーパーカブ プロやリトルカブに、14インチタイヤの考察

スーパーカブC125の発売決定で思う カブの将来

次は、新型クロスカブが気になる